ダンス・舞踊のスクール・教室・習い事

ダンス 舞踊 | ケイコとマナブ.net

ダンス・舞踊のスクール・教室・学校の概要
ダンス・舞踊のスクールでは、世界のダンスや舞踊を学ぶことができる。日本舞踊や琉球舞踊をはじめ、ハワイのフラダンス、アメリカのストリートダンスやヒップホップ、南米のアルゼンチンタンゴやサンバ、スペインのフラメンコ、中東のベリーダンス、インド舞踊・カタックダンスなど世界のダンスや踊りが揃っている。
体力をあまり使わない踊りから、ブレイクダンスのように激しい動きを伴うダンス、バレエのように柔軟性を活かした踊りや、日本舞踊のように優雅に舞うものまでそれぞれに特色がある。自分の好みのダンスや舞踊を選んで楽しく踊ろう!
ダンス・舞踊の学校・スクールの動向
初心者から上級者まで楽しくダンスや舞踊を続けられるように、各自のレベルに合わせて学べるスクールが多い。またグループレッスンより実力を磨きたい人のためにプライベートレッスンも行っており、自分の好きなスタイルでダンスや踊りのレッスンを受けることができる。衣装や専用のシューズ、小道具など特別な道具が必要な場合もあるが、初心者のうちは貸し出してくれる教室もある。スクールや学校によっては、受講生同士でユニットやグループを組み、ダンスの発表会やコンテストなどに積極的に参加しているところもある。
ダンス・舞踊を趣味として学ぶ!
健康増進やダイエットのためにダンスや踊りを始めるという人も多い。レッスンを積み、ダンスや舞踊の自然な動きが身についてくると、日常生活の立ち居振る舞いも良くなることもある。学校やスクールでは地域のイベントやパーティーなどで自分の踊りを披露するコースも。
女性にとってはダンスや舞踊の衣装を着るのも楽しみの一つ。また、ダンスを通して交友関係が広がり、人と触れ合う機会も長く続けられる理由になりそう。一度身につけたダンスの動きは忘れないもの。しばらく休んでも、すぐにレッスンが再開できるので一生の趣味として楽しもう!
ダンス・舞踊を仕事で活かす!
プロの養成コースを設けている教室やスクールもある。プロのダンサーとなるには厳しい訓練を積む必要がある。そのため、卒業後もスクールや教室、プロのダンサー事務所の研究生として所属しプロを目指している人が多く、ダンスの練習に励みながら舞台などのオーディションを受けるという方法が一般的。そのほかにスクールで習得したダンス・舞踊のスキルを仕事で活かす方法としては、スクールの講師を目指す道もある。

ダンス・舞踊スクール・教室・学校のFAQ

ダンスはまったく初めてですが、大丈夫ですか?
初心者を対象とした入門クラスや初級クラスを設け、基礎的なレッスンを行っている。まずはスクールの説明会や体験レッスンに参加してみよう。実際にダンスを体験することで、自分に向いているかどうか分かるだろう。
リズム感が悪くても、ダンスは踊れますか。
本当にリズム感がないという人はいないといわれている。リズム感はトレーニングを通して身につくもので、鍛えることができる!最初はリズムになかなか乗れないかもしれないが、レッスンを通して自然に乗れるようになるということなので、安心して学ぼう。
都合でレッスンが不定期になってしまいますが、だいじょうぶですか。
1回ごとにレッスンを完結するチケット制を採用しているダンス・舞踊スクールもある。少し間が空いてしまっても、前回からの続きで練習が再開でき、自分のペースで学ぶことができる。練習方法については、それぞれのスクールに問い合わせてみよう!
人気のエリアからスクールを探す

ダンス 舞踊のスクールを探す

全てのカテゴリから探す