ネイリストの講座まとめて比較ページ - ケイコとマナブ.net

ネイリスト

ネイリストとは

どんな仕事?

ネイルサロンなどで、お客様の要望に合わせてネイルケアやカラーリング、アート、ネイルの補修や補強などを施す職業のことをいいます。

爪の健康に気を配ってケア方法のアドバイスもしながら、お客様の個性にピッタリのカラーやアートのデコレーションをして、魅力的な爪を作り上げていく職業です

どこで働ける?

ネイルサロンをはじめ、美容院、ブライダルサロン、エステティックサロンなどで、ネイリストとして勤務します。

最初はアルバイト採用も多いですが、正社員や契約社員、派遣社員で働くことも。

経験を積んで独立すれば、自宅をサロンにしたり、出張専門なんて働き方もできます。

どんな人に向いている?

長時間細かい作業をしても苦にならない人で、もちろん手先は器用な方に向いているといえます。

お客様と向き合って1対1で仕事をするので、人と接することが好きで、会話やリラックスさせるムードづくりが上手な人。

ネイルアートをするには、デザインセンスも求められますがこれはスクールで学ぶことができるため、あまり気にしなくてよいでしょう。

ネイリスト

ネイリストになるには

ネイルの専門知識と技術をスクールで学ぶ

ネイリストをめざすための一番の近道は、ネイルスクールや美容系の専門学校で学ぶことです。

ネイル初心者からでも着実にステップアップできるカリキュラムで、段階的に学べるのが魅力です。

爪の基礎知識をはじめ、ネイルケア、甘皮処理、カラーリング、スカルプチュアやジェルネイル、ネイルアートなど、ネイルについての幅広い知識と技術をトータルに習得できます。

忙しい社会人でも通えるよう、平日の夜や休日に開講しているコースを用意しているネイルスクールがほとんど。


また、自分のペースで学べる通信講座を開講しているスクールもあるので、ライフスタイルに合わせて、学び方を選ぶこともできます。

ネイルの資格を取得する

ネイリストになるための必須資格はありません。

しかし、資格があることによって就・転職を有利に進められることも多いのです。

採用の基準となるのはもちろん、サロン就職後も資格が昇給や昇進の目安となることもあります。

また、安心してネイル施術を受けられる基準にもなるため、 資格取得はお客様の信頼度アップにもつながるのです。

ネイルの資格では、ネイルケアやネイルアートなどの実技試験とともに、爪の健康を守るケアなどの専門知識を問う学科試験も行われます。

主なネイルの資格

日本における代表的なネイルの資格は、
「ネイリスト技能検定試験」
「ネイルスペシャリスト検定試験」
「カルジェルプレミアステータス・カルジェルエディケーターライセンス」など。

現在活躍しているネイリストの大半が、いずれかの資格を取得しています。こうした資格は、ネイリストとしてのスキルを証明するもの。

業界未経験からの就・転職を有利に進められるのはもちろん、資格を重要視するサロンは少なくありません。また、お客様がネイリストを選ぶ目安のひとつともなっていますので、資格は取得しておいた方がよいでしょう。

ネイリストになるには