医療事務の講座まとめて比較ページ - ケイコとマナブ.net

医療事務

医療事務とは?

どんな仕事?
病院やクリニック、調剤薬局などの医療機関に勤めて、
保険診療のレセプト(診療報酬明細書)を作成し、
国や健康保険組合へ請求するのが主なお仕事です。
働き方は?
医療事務の働き方は、大きく分けて、
正社員・パートタイム・派遣の3パターン。

診療所やクリニックでは直接雇用になりますが、
大きな病院では医療事務の外部委託が進んでいて、
医療事務代行会社に正社員として就職して病院で働くという道もあります。
資格はあるの?
医療事務に関する国家資格はありませんが、
さまざまな業界団体や教育機関が主催する資格があり、
履歴書でアピールするのに役立っています。

詳しくはこちら
医療事務とは?

医療事務のメリット

結婚・出産後も長く続けられる専門職
医療事務スタッフには女性が多く、結婚・出産を経て
長く働いている人もたくさんいて、
女性にとって働きやすい環境が整っています。

医療機関は日本全国どこにでもあり、
医療事務職の求人が安定しているため、
夫の転勤などがあっても転居先で働くこともできて安心。
自分の生活スタイルに合わせて働ける
医療事務の雇用形態には、
正社員・パートタイム・派遣社員などがあり、
自分の生活スタイルに合わせて働き方を変えることができます。

たとえば、
病院に正社員として勤務した後、結婚を機に退職。
出産後に、まずパートタイムで復職して、
子育てが一段落したら再び正社員を目指す働き方もできるのです。
人の役に立てるやりがいが大きい
窓口での受付業務は、患者さんと最初に接する、
いわば病院の顔。

医療事務とは、その病院の第一印象を左右する
大切なポジションも担っているのです。
患者さんにやさしい笑顔で応対して「ありがとう」と感謝されたり、人の役に立つことができるお仕事なので、やりがいが大きいのです。
医療事務のメリット