英語講座

英語の習い事は、国際的な業務に携わる可能性がある人にとっては不可欠です。独学しようとしても継続することが難しく、途中で投げ出してしまう人が、英語学習ではよくみられます。習いに行くことによって、進歩を実感させてもらえるうえに、ペースメーカーとなって学習を引っ張ってもらえます。

英語を学ぶ上でのポイント

英語教室・英語学校とは

英語を学ぶと言えば、海外旅行で使う英会話をイメージする人が多いですが、グローバルビジネスを展開している企業においては、日常会話ができるだけでは英語能力に不足を感じます。英語は大きくは、ヒアリング、スピーキング、ライティング、リーディングの4つに分かれていて、お互いに密接が関係があります。ライティングにおいては、さらに表現力や文法等学ぶ内容は詳細まで多岐にわたります。 別の観点から見ると、英語をどのような場面で使うかによって、日常英語、ビジネス英語、検定のための英語などがあります。こういった点で言えば英語も日本語も変わりありません。 英語教室・英語学校では、自分たちの特徴ある内容を中心に英語学習を進めていきます。また、専門的な分野でのフレーズやイディオムを学んだり、指導者のための知識を身につけたりする学校もあります。

英語教室・英語学校のメリット

英語は言語ですので、コミュニケーションができることが大前提にあります。英語教室・英語学校では、それぞれの目的に合わせて英語の知識を身につけていきますが、どのような場合でも英語を中心にしていることから、英語でコミュニケーションを取る機会が増えるという大きなメリットがあります。 私たちは、日本語で話す社会にいるからこそ、日本語を苦労なく話すことができますが、英語をはじめ外国語の場合はそうはいきません。英語教室・英語学校では、英語でのコミュニケーションを取りながら、英語を学ぶことができる英語社会に浸かることができます。 また、学校によっては、英語圏の文化や感性なども合わせて教えてくれます。実際に社会で英語を使う場面に遭遇した場合でも、違和感なく使えることが大切ですし、誤解を招かないように英文レターを書くことが大切ですから、こういったシーンを想定でき、事前に知識を身につけておけることは大きなメリットです。

英語教室・英語学校探しのポイント

英語教室・英語学校と行っても、どういった目的で英語の何を学びたいかによって、どの教室・学校のタイプを選ぶかが変わってます。 例えば英会話力を身につけたいという人の場合を考えても、英会話スクールでグループレッスンを受ける方法もあればマンツーマンもあります。英語でのクッキングスクールのような場で、コミュニケーション重視で学ぶ人もいるでしょう。こういった会話を学ぶ場合でも、コミュニケーションが取れればいいという場合とビジネスプレゼンテーションのように内容をしっかりと伝えなければならない場合とでは学ぶノウハウが違ってきます。 ライティングやリーディングの場合は、学校で講義を受けたり、英文で書かれた書籍を読んだりといったことや、文法を学ぶといったことになります。どういったものであれば、それぞれの英語教室・英語学校では、自分たちの特徴を出すカリキュラムを持っていて、それにあう教師陣をそろえています。 自分が何のために英語を学ぶかによって英語教室・英語学校を選択するようにしましょう。あれもこれもと思いがちではありますが、ひとつひとつクリアしていくことが大切です。

英語教室の検索 / ケイコとマナブ.net