件が資料請求リストにあります

TOEIC講座

TOEICの習い事は、英語学習をしたい方、すでに学んでいる方が能力を見える化することを目的としています。TOEICは合否ではなく、スコアで判断されますから、何度か受けて力の付き具合を見ることもできます。また、TOEICの形式はヒアリングとリーディングに分かれており、テスト内容も独特です。日頃英語を勉強している方でも、試験の形態に慣れるための対策は必要となるでしょう。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のTOEIC講座を見る

すぐ予約できるTOEIC(R)の一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

TOEIC講座に関するコンテンツ

  • TOEIC(R)とは
    TOEICとは” Test of English for International Communication”の略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通の テストです。TOEIC(R)テスト、TOEIC(R)Br…
  • TOEIC(R)の点数を条件にしている業種など
    企業のグローバル化が進み、グローバル人材の採用が加速する現在。グローバル人材=英語ができる人材というわけでは必ずしもありませんが、 英語はコミュニケーションツールとしてますます欠かせないものになりつつあります。特に、英語力を求める求人は20…
  • TOEIC(R)はなぜ需要が高まっているの?
    結果が合否ではなく10点〜990点までのスコアで評価されるTOEIC(R)テストは、企業においても「採用時の基準」「海外出張や駐在の基準」「昇進・昇格の要件」「自己啓発や英語研修の効果測定」 など英語力のさまざまな基準として活用されています…
  • TOEIC(R)とTOEFL(R)の違い
    TOEFLとは“Test of English as a Foreign Language” (外国語としての英語のテスト)の略で、英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして開発されました。TOEIC(R)テスト…
  • TOEIC(R)の勉強方法のコツ
    普段英語にふれる機会があまりない英語初心者が独学で600点を取るためには、約400〜600時間勉強し、少なくとも公式問題集(模試)1冊分の音声と英文を覚えてしまうくらい勉強する必要があるといわれています。一説ではTOEIC(R)テストのスコ…
  • スクールで教えてくれること
    スクールごとに多彩なカリキュラム・コースが設定されていて、「とにかく次の試験までに急いで基本をおさえたい」という人向けの短期型プログラムもあれば、留学経験があり、リスニングやスピーキングには自信があるものの、文法などの細かい規則について自信…
ケイマナニュース!

TOEIC(R)スクールの検索 / ケイコとマナブ.net