キャビンアテンダント講座を探す

キャビンアテンダント講座

フライトアテンダントの習い事は、採用担当者などの現場で活躍するスタッフが直接指導してくれるので、とても実りある講義を受講することができます。少人数制で個人の質問や悩みなどにもきめ細かな対応が可能なことが魅力です。受講後はキャビンアテンダントやグランドスタッフなどの就職保障制度もあり、就職できるまでサポートしてくれます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のキャビンアテンダント講座を見る

キャビンアテンダント

キャビンアテンダントとは

キャビンアテンダントは正式には客室乗務員と言い、旅客機に搭乗し、機内で乗客に快適に過ごしていただくお手伝いをする役割を担います。その役割は大きく分けて機内サービスを行うことと、乗客の安全を守る保安要員としての役割の2つに分けられます。 機内サービスにかかわる業務としては、食事やドリンク、新聞・雑誌の提供や毛布の貸し出しなどをはじめ、乗客の問い合わせやリクエストに応えるなど、乗客に快適に過ごしていただけるよう様々なサービスを行います。保安要員としては、乗務員の一人として機体などに異常がないか常に気を配ること、緊急事態に備えて適切な対応が取れるようにすることです。具体的には急病人への救急処置や天候悪化時の機内の安全確保、緊急離着時の乗客の誘導などがあります。 一見華やかに見えるキャビンアテンダントですが、一般的なサービス業と大きく違うのは、保安要員としての役割も担っていることです。それだけに、細やかな気配りだけでなく冷静な判断力が求められる仕事と言えます。

キャビンアテンダントになるには

キャビンアテンダントになるには、航空会社の採用試験に合格し、社員または契約社員になる必要があります。特に必要な国家資格はなく、応募に際し必要な条件を満たしていれば誰でも受験することができます。応募条件としては学歴、身長などの身体条件、年齢、TOEIC(R)のスコアなど航空会社によってさまざまです。特に国際線を目指す方は語学力がかなり問われます。採用後は航空会社にて接客やサービス、安全管理に関する専門的な教育と訓練を受けます。 キャビンアテンダントには上述したように、乗客一人ひとりに気配りができること、緊急時でも冷静に判断できることが求められますが、何よりも体力が必要です。フライト中はほぼ立ち仕事、それを1日に数便もこなすことになります。キャビンアテンダントを目指す方は、まず何よりも体力をつけてください。

キャビンアテンダント講座探しのポイント

キャビンアテンダントの採用試験対策として、エアラインスクールや観光・旅行関係の専門学校のエアライン学科を受講する方が増えています。エアラインスクールでは接客や立ち居振る舞い、ビジネスマナーなどが学べるほか、航空会社の面接対策、TOEIC(R)対策を行っているもの、ヘアメイクのレッスンを行っているところもあります。特にTOEIC(R)対策はスクールによってかなり力を入れて指導しているところもあります。採用試験対策として自分の苦手な部分を強化できるスクールを選ぶといいでしょう。

 

ケイマナニュース!

キャビンアテンダント学校の検索 / ケイコとマナブ.net