件が資料請求リストにあります

通訳ガイド講座

通訳ガイドの習い事は、外国語を話せるだけでなく、日本の政治や文化などにも詳しくなります。今まで意識していなかった日本独特の考え方や振る舞いの素晴らしさを知ることができ、誇りを持って外国人に日本の良さを伝えられるでしょう。東京で開催されるオリンピックを始め、活躍の場は広がります。通訳ガイドとは通訳案内士とも呼ばれ通訳案内士の試験は国家試験になります。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の通訳ガイド講座を見る

通訳ガイド

通訳ガイドとは

通訳ガイドとは、外国人の方とのコミュニケーンを通じて日本のことを伝える仕事です。また、通訳ガイドとして、能力を証明するものに「通訳案内士」という試験があります。外国人を対象に観光案内をすることや、ホテルや旅館等の宿泊施設で外国人観光客へのサービス提供を行うこともあります。グローバル社会と呼ばれる現代に対応できる高いコミュニケーション能力で外国人観光客に日本の魅力を伝える仕事です。「日本は良い国」、「日本にまた行きたい」と思っていただけるように務めます。近い将来、国内でスポーツの世界大会が開催されることでも、通訳ガイドはますます需要が高まり、活躍の場が広がることが予想される仕事です。

通訳ガイドになるには

現在も、通訳ガイドという呼び名が馴染み深く残っていますが、実は、国家試験の名称は2005年に「通訳案内士」に変更されています。通訳ガイドとして働くには、通訳案内士としての国家資格に合格することが求められます。需要が高いのは、やはり世界共通語である英語ですが、中国語、韓国や、スペイン語など10カ国語の試験があります。1年に1度、試験がありますが、1回の試験で受講できるのは1カ国語だけです。2カ国語以上の資格を得たい場合には、翌年以降の受験になります。通訳案内士の国家試験は、外国語を理解するだけではなく、日本の地理や歴史などについても幅広い知識が求められます。また、通訳案内士の国家試験に合格すると各都道府県に届け出をすることが必要です。証明書を発行してもらうと、観光業界やホテル業界などで「通訳案内士」として働くことができる可能性も広がります。

通訳ガイド講座探しのポイント

通訳ガイド講座を探すポイントはご自分が学びたい講座を探すことです。「通訳ガイド講座」でも、必ずしもご希望の外国語を対応しているとは限りません。受講したい外国語講座を一番に探しましょう。また、通訳案内士の国家資格を目標としている方は、面接試験にも対応している講座を受講することをおすすめします。通訳ガイド講座は、通学制のものもありますが、通信タイプの講座もあります。働きながら受講される方や、ご希望のエリアに通学できる講座がないという方でも、通信制の講座でも十分な知識を身につけることができるのでライフスタイルに合った方法で学ぶことができます。

 

ケイマナニュース!

通訳ガイド学校の検索 / ケイコとマナブ.net