翻訳家講座

翻訳家の習い事は、翻訳に関連する技術を学ぶことができます。翻訳には大きく分けて出版翻訳、映像翻訳、産業翻訳があります。希望する分野の専門知識を得られるだけでなく、その他の分野に対応した翻訳の技術を学ぶことも可能です。受講者の外国語習得レベルに合わせた内容で、実際に翻訳家として活躍している講師から指導を受けられるのが大きな特徴です。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の翻訳家講座を見る

翻訳家

翻訳家とは

外国語を使って仕事がしたい。そう思ったときにまず思いつく仕事の1つが翻訳家ではないでしょうか。英語から日本語への翻訳など、言語力を駆使して翻訳案件をこなす翻訳家の姿はカッコいいですよね! 翻訳の興味深いところは、分野によって求められるスキルがことなることです。小説などの文芸作品を翻訳する文芸翻訳であれば、翻訳作品を読む人を感動させるような高い表現力が求められます。また、ビジネス文書や論文などを訳す実務翻訳は、その業界の専門用語や文章のスタイルを正しく理解していなければなりません。一方、映画などの映像作品を翻訳する映像翻訳は、字幕の文字数制限がある中で視聴者を楽しませる翻訳力が必要です。

翻訳家になるには

ビジネスやIT、特許や医療など、自分の得意分野を持っていると、売れっ子翻訳家として活躍しやすくなります。ただし、高い外国語力と同時に、日本語の表現力や専門知識が求められる翻訳家。未経験者が翻訳業界へいきなり足を踏み入れるのはなかなか難しいのも現状です。 翻訳経験はなくても、英語などの外国語を使って日常業務をしていた人が、キャリアチェンジをきっかけに翻訳家になることはあります。しかし、そのような特別な経験がない場合でもあきらめる必要はありません。 翻訳スクールなどで専門知識と翻訳スキルをある程度身につけてから、翻訳業務を行う会社に就職したり、翻訳会社でトライアルを受けたりして、翻訳家としてデビューするのが一般的です。

翻訳家講座探しのポイント

翻訳家になるための講座選びのポイントですが、通信制か通学制かをまず選ばなければなりません。どちらも翻訳課題を翻訳して添削してもらいます。翻訳学校に通うメリットは、他の生徒と知り合うことができ、モチベーションを保つことができたり、情報を交換できたりすることです。しかし、予定が合わない場合や家の近くにスクールがない場合、翻訳家としての勉強を続けるために、通信制の翻訳家講座を取ることをおすすめします。 また、翻訳家講座の中には、入校時に英語試験を設けているところもあります。もし入校希望時に英語力がまだ高くないという方は、英語力アップの授業もある翻訳スクールを選ぶのもいいでしょう。翻訳家のたまごとして少しずつスキルアップすることができます。

 

ケイマナニュース!

翻訳家学校の検索 / ケイコとマナブ.net