日本語・漢字講座

日本語・漢字の習い事は、仕事だけでなく実生活でも役に立つ勉強です。たとえば小学校や中学校の教師や、翻訳者や文章を書く人といった「字」の専門家ともいえる人たちにとっては必要な知識です。また普段手紙を書くときや小説を読むときなど、実生活でも日本語や漢字を知っておくと便利です。そのほか、漢字検定で資格取得をめざす人にとっても役に立つでしょう。

日本語・漢字を学ぶ上でのポイント

日本語学校の漢字教室とは

海外からの留学生や、仕事や結婚などで日本に滞在している外国人などを対象に日本語を教えている学校が、日本語学校と呼ばれています。その中でも日本語学校の漢字教室とは、漢字を教える事に特化した教室の事を指します。一般的に外国人が日本で生活していくためには、110個の漢字を習得する必要があると言われています。日本語が母語ではない人たちにとって、ひらがなやカタカナは比較的学びやすいかも知れません。しかしながら、漢字に苦手意識を覚える非漢字圏の外国人は非常に多いようです。日本語学校の漢字教室は、基本と応用クラスに分かれている事が多いため、自分のレベルに合わせてクラスを選ぶことができるでしょう。

日本語学校の漢字教室に通うメリット

極端に言ってしまえば、日本語がそれほど上手に話せなくても、もしくは漢字が書けたり読めたりしなくても、外国人が日本で生活していく事は可能でしょう。しかしながら、日本語学校の漢字教室に通うことによって、N1~N5 の5段階のレベルに分けられた日本語能力試験で、高い点数を記録する事ができるようになるかも知れません。日本語能力試験のN1は、2000字ほどの漢字を習得しているレベルである旧1級とほぼ同じか、それ以上のレベルと言われています。そのため、日本語学校の漢字教室で幅広く漢字を学ぶならば、日本で生活していくのに困らないだけの充分な数の漢字を学ぶことができるでしょう。また、日本で就職先を探す際にもかなり有利になる、と言えるのではないでしょうか。

日本語学校の漢字教室探しのポイント

日本語学校の漢字教室を探す際には、きちんとクラス分けされている教室であるかどうかを知るようにしましょう。初級クラスや中級クラス、また上級クラスなどレベル別のクラスが幾つか備わっている日本語学校の漢字教室では、漢字学習の初心者の方であっても、きっと安心して学ぶことができるでしょう。また、日本語能力試験で高いレベルを取得することに焦点を当てた試験対策に応じているかなども、日本語学校の漢字教室を探す点で気をつけたいポイントです。いずれにしても、自宅から通える範囲に楽しく実用的な漢字を学べる漢字教室を探す事が、漢字学習のモチベーションを保つ上で何より大切と言えるかも知れません。

日本語・漢字学校の検索 / ケイコとマナブ.net