会計・経理・貿易講座

会計・経理の習い事は、企業の事務職を希望する方から人気が高く、就職・転職へ向けて勉強している学生や主婦の方もいます。会計・経理は取り扱う業種によって若干の違いはありますが、基本的な業務内容は同じなので、どういった業界で活用するにしても、ベースになる部分はきっちりと学習しておいた方が、仕事を始める上でも有利になります。

会計・経理・貿易

会計・経理・貿易学校とは
事務・経理職を目指すなら、会計・経理・貿易学校に通うのが良いでしょう。会計・経理・貿易学校では、主に簿記などの知識を学びます。 簿記は、事務・経理職を目指すなら必須の資格です。簿記の能力を示すための簿記検定には様々な種類がありますが、就職で一番有利になるのは日商簿記検定です。日商簿記検定の2級以上を取得していれば、事務・経理職を目指す際の評価ポイントの1つになります。 また貿易業界を目指す人にとっても、会計・経理・貿易学校で学ぶ簿記の知識は必須です。貿易業界の国家資格である「通関士」資格を取得するには、関税に関する実務的な知識が求められているからです。 事務・経理職、貿易業界への就職を目指している方にとって、会計・経理・貿易学校は実務的であるだけでなく、資格取得などを通して就職に有利になります。
会計・経理・貿易学校のメリット
簿記というと、独学で取得する人のイメージが強いです。ただ事務・経理職に必要な日商2級以上になると、独学での取得は難しくなります。日商2級からは比較的馴染み深い商業簿記とともに、工業簿記という未知の分野の学習が入ってくるからです。工業簿記は独学よりも会計・経理・貿易学校に通って学ぶほうがベストです。 また会計・経理・貿易学校は、資格取得に力を入れているところが多く、実績も豊富です。ですので、独学よりも遙かに効率的に資格取得の学習を進めていくことができます。 貿易業界を目指す方にとっては、貿易学校で通関士の資格取得について効率的に学習できることもポイントの一つです。通関士は、通関業法や関税法、外国為替及び外国法など、様々な分野の知識を身につける必要があり、独学での合格が難しい資格の一つです。会計・経理・貿易学校で、しっかりとした講師の下で学び、資格取得を目指すほうがいいでしょう。
会計・経理・貿易学校探しのポイント
会計・経理・貿易学校を探すなら、「資格の合格率」が基準になります。 簿記は単に学んだだけでは意味がなく、資格を取得して初めて能力が評価されるものです。ですので、簿記検定などの資格の合格率は、その通信・通学を問わず会計・経理・貿易学校などの実力を示しているといっても過言ではありません。これは通関士資格についても同様です。 通学講座であれば、自習へのアフターフォローをしてくれるかどうかも重要なチェックポイントになります。

会計・経理・貿易学校の検索 / ケイコとマナブ.net