件が資料請求リストにあります

弁護士講座

弁護士の習い事は、難関国家資格とされる弁護士資格取得への近道になってくれるものです。弁護士は法律のスペシャリストであり、事件の容疑者となってしまった人の権利を守ったり、トラブルに巻き込まれてしまった人の問題解決を手伝ったりする存在です。この資格を持つ人はさまざまな機会に求められますので、資格取得できれば多くの場所で活躍することができるようになるでしょう。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の弁護士講座を見る

弁護士

弁護士とは

弁護士のイメージといえば、法廷で戦う勇ましい姿でしょうか?実際にお世話になる機会は意外と少ないのでテレビドラマのイメージが先行しがちかもしれません。 実際の弁護士は法律のエキスパートですから、もちろんドラマのような法廷での活躍もありますが、法律に関する事務手続きといった、地味ですが登記など法的手続きの専門的な業務なども数多くあります。また、インハウスローヤーと呼びますが、企業や組織などに所属する弁護士もいて、こういう方はその企業や組織の活動が法的・コンプライアンス上の問題がないかなどを監査するなどの業務もあります。 また、弁護士事務所に所属し、民事や刑事の事件などを扱うとなると、一度にいくつもの事案を担当することになります。 いずれも困った人の力強い助っ人であることは言うを待ちません。

弁護士になるには

弁護士になるためには3つ程方法がありますが、誰もが知っているキーワードとしては「司法試験」があるでしょう。基本的に弁護士を目指そうと思ったら、司法試験に通らなくてはなりません。 司法試験に合格するためには、法科大学院を修了するか、司法試験予備試験に合格し、司法試験の受験資格を得ないとなりません。(もう一つ、検事から弁護士を目指す方法がありますがやや特殊なのでここでは割愛します) 司法大学院は「大学院」ですので、大卒資格を持つ方でないと入ることができませんが、司法試験予備試験には特別な受験資格はありません。このため、意外に思われるかもしれませんが、弁護士になると言うことは、学歴に関わることなく挑戦することが可能なのです。

弁護士講座探しのポイント

司法試験や予備試験に合格するための講座は、基本的に試験の合格対策の講座が多いと思います。また、弁護士になるために六法全書を暗記しなければならないのかという誤解もありそうですが、実はそうではありません。与えられたケースに対して法律をどのように適用し、どのように解決するのかの力が求められる試験ですので、弁護士になるための学習は決して暗記勉強ではありません。事象に対しての判断力が求められる試験ですので、数多くのケーススタディが必要になってくるのです。 そういう意味では、基礎力は書籍などである程度養った上で、試験を受ける自信がついてきてから講座を探すのも良いかと思います。 また、裁判員制度への関心から、試験対策ではなく法律の解説を目的とした講座もありますので、入り口としてはいいかもしれません。

 

ケイマナニュース!

弁護士学校の検索 / ケイコとマナブ.net