パラリーガル講座

パラリーガル(法律事務)の習い事は、主に既に法律事務所で勤務している人がスキルアップのために学ぶというケースが多いようです。実務上は弁護士の業務の中でもパラリーガル(法律事務)が代行する内容というのは多岐にわたっていますので、法律的な知識がかなり必要になりますし、秘書のように弁護士のスケジュール管理にも使えるため学んでおくと有効です。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のパラリーガル講座を見る

パラリーガル(法律事務)

パラリーガル(法律事務)の講座・資格講座とは

パラリーガルとは、法律事務所において弁護士のアシストを行う仕事。通常の事務にくわえて法律の知識を持ち、裁判所への書類提出・手続きなど、より専門的な業務に携わります。弁護士一人当たりが抱える案件が増加している今、より良いサービスを提供するのにパラリーガルはなくてはならない存在です。現在パラリーガルになるための資格は存在しませんが、日本弁護士連合会もその重要性を認識し、パラリーガルとして活躍する人の養成を推進しています。パラリーガルの講座・資格講座では法律事務経験者や、パラリーガルへのステップアップを目指す人に向けて現役の弁護士や先輩パラリーガルの講師を招き、法律の知識やビジネスマナー、就職まで幅広い授業を開講。修了後は専門知識を備えたパラリーガルとして多くの人の問題解決に助力することができます。

パラリーガル(法律事務)の講座・資格講座のメリット

パラリーガル講座を受講する人は法律に触れたことのない人も多く、未経験でも飲みこみやすいように授業内容は配慮されています。実際の書式や事例をベースに、実務のロールプレイングや裁判所への見学など、さまざまなパターンを学習します。特に、法律事務所が求めるスキルである破産申し立て・交通事故に関する知識には時間をしっかりと確保し、就職でアピールできる実務の即戦力スキルを磨くことができます。パラリーガルとして法律事務所で活躍するために、法律事務所ならではの就職活動も指導。現役で活躍する講師陣から、法律業界で働く人の目を引く履歴書・職務経歴書の書き方など、他の人と差をつける就職対策も行います。

パラリーガル(法律事務)の講座・資格講座の探し方

日本においても少しずつパラリーガルの認知度は高まってきました。パラリーガルの講座・資格講座も徐々に増え、特色もさまざまです。一般的に民事事件や交通事故を取り扱うことが多いので、基本的にはそれを重視した講座を選ぶのがおすすめ。既に法律事務として働いている人は自分の事務所が取り扱う案件についてより高いレベルの知識を習得できる教室を探すとよいでしょう。一風変わったところでは、英語力を活かし、国際的な案件で活躍するパラリーガルを養成する講座も。難易度はさらに上がりますが、専門家としてさらなるキャリアを積みたい人はチャレンジしてみては。パラリーガル講座は仕事に就くことを目指すものなので、就職のフォロー体制は特に重要。ビジネスマナー、模擬面接、セミナーなど、就職に役立つチャンスの多い教室を選んでより有利な就職活動を行いましょう。

 

ケイマナニュース!

パラリーガル(法律事務)学校の検索 / ケイコとマナブ.net