不動産講座

不動産の習い事は、実務に役立つ資格講座がたくさんあります。特に不動産の実務で、取得しておくべく資格といえば、宅地建物取引士(宅建)です。士業になることが決まった注目の資格で、資格を持っていれば業務の幅も広がり、就職・転職にも活用できます。給与面でも資格手当を得ることが多い不動産業界では、必須ともいえる資格です。

不動産を学ぶ上でのポイント

不動産学校・不動産講座とは

不動産学校や不動産の講座とは、不動産の取引に関わる職業につきたい人、または既に職についているけれどもスキルアップのために学びたい人に向けた講座と、最近では不動産投資に関する知識を学びたい人のための講座に大きく分かれます。不動産業界で働きたい人に向けた講座としては、国家資格の宅地建物取引士や不動産鑑定士、土地家屋調査士、マンション管理士や不動産に関する民間資格の資格取得を目指す講座が多いです。国家資格に関しては難易度の高い試験が多いため、不動産学校や講座に通って学ぶ人が多いです。また不動産投資に関する講座は国内外の不動産の投資に興味はあるものの、知識が不足している人に向けた内容となっています。不動産投資に関する講座は、マネーやビジネスに関する学校で開かれていることが多いです。

不動産学校・不動産講座のメリット

不動産取引に関する手続きは非常にプロセスが多く、煩雑で法律などの専門知識を必要とします。また不動産は重要な財産なので、詐欺などの犯罪が起きやすい面もあります。そのため国家資格を設けて不動産の専門家が取引に関わる仕組みになっています。高い専門性を求められる資格試験なので、独学で学ぶにはかなりの労力と時間が必要です。講座に通うことで過去問や試験対策などで充実したサポートを受けることができます。また同じ目標を持つ学生が通っているので、モチベーションも維持できますし、不動産関係の人脈も広がります。不動産投資に関する講座は、本などの参考書だけでは理解が難しい内容や、最新の投資の状況を学ぶことができる点がメリットといえます。

不動産学校・不動産講座探しのポイント

不動産取引に関する資格取得を目指す人の場合は、資格試験対策の充実した講座を選ぶようにしましょう。過去の合格率を確認すると良い講座なのか判断する材料になります。また、一部の講座は教育訓練給付金の対象になりますので、講座を選ぶ際に確認しておきましょう。また通学だけではなく通信教育の講座も多く開設されています。オンラインで学習できる講座も多く、疑問点などをオンタイムで質問できるのでおすすめです。不動産投資に関する講座は、事前にしっかりと講座の内容を確認しましょう。高い受講料を取って内容の薄い講座も見受けられます。卒業生の声などを参考に慎重に選びましょう。

不動産学校の検索 / ケイコとマナブ.net