件が資料請求リストにあります

大工講座

大工の習い事は、大工になるために必要な基礎知識から技術まで学ぶことができるため、将来大工になることを目指している人におすすめです。材料の種類や特徴、丈夫な家の建て方などの知識面はもちろん、初心者の方であればのこぎりの使い方やくぎの打ち方など、基礎的な技術面についても学ぶことができるため、大工に興味のある方なら誰でも習い始めることができます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の大工講座を見る

大工

大工とは

大工とは、鉋(かんな)やノコギリなどを使い、主に木造建築の施工を行う人をいいます。大工の歴史は古く、大工といっても「宮大工」をはじめ、専門にするもので大工の呼び名が変わります。設計や建築関連の機械やITの発達により、図面や道具も大きく変わってきており、大工も幅広い知識と設計技術が求められるようになっています。 主に建設会社や工務店へ就職することになりますが、棟梁に弟子入りして経験を積んで行く人もいます。大工には「建築大工技能士」という国家資格があり、これを持っていると高く評価してもらえます。外での仕事が多く、重いものを持つことや、高い所での作業もありますので、体力が必要な職業です。

大工になるには

大工になるには、棟梁に弟子入りして見習いから始めて経験を積みながら大工を目指す場合と、建築大工科のような大工に関連する学科で学ぶか、大工専門ではなくても産業技術専門学校や建築デザイン学校、工科専門学校などに通い、建築関係が学べる学科を卒業して、建設会社や工務店に就職し、知識や技術を身につけて行くのが一般的です。大工になるために必ず必要となる資格はありません。一定の能力と証明するものとして、国家資格の「建築大工技能士」というものがあります。これを取得するには、まず実務経験を積んで受験資格を得て、国家試験に合格する必要があります。

大工講座探しのポイント

大工講座を探しのポイントとしては、大工になるための講座というより、建築関係の専門学校や産業学校など、建築について学ぶことができる学校で受講することになります。その場合にはどのようなカリキュラムか、就職でのサポートや相談ができるかどうか、就職率なども確認しておきましょう。DIYや家庭大工の分野では通いや通信での講座が多くありますので、まずはそのような講座を受講して、ものづくりの基礎と道具の使い方などから学んでみるのもいいでしょう。学ぶに従って自分に合うかどうか分かります。大工の中でも様々な建築に携わりたいという目標があったり、木造建築でも規模が大きいものに携わる場合には二級建築士や木造建築士の資格が必要となるので、それらの資格が取得できるようなカリキュラムを組んだところを探してみましょう。

 

ケイマナニュース!

大工学校の検索 / ケイコとマナブ.net