宅地建物取引士資格を取得するには | ケイコとマナブ.net

宅地建物取引士を取得するには

毎年10月に実施される試験に合格することが絶対条件

実務経験がなくても、試験合格→実務講習で2年以上のキャリアが認定される

宅地建物取引士になるには、毎年10月に行われる試験に合格後、試験を受験した都道府県知事の資格登録を受けなければなりません。
また、資格登録には実務経験が2年以上必要となりますが、登録実務講習実施機関が行う登録実務講習を受けることで「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められます。

キャリアアップを見据えて、試験にだけ合格しておくことも一つの手です。
今回の名称変更にあたり、試験制度が変更になる可能性もあるので、受験を希望される人は最新の情報をチェックしておきましょう。

試験では宅地建物取引業に関する「実用的な知識」を持っているかが試される

過去問から出題傾向を掴もう!

不動産業の現場における知識を図る試験のため、問題は各種法令に関する問題で構成されています。
中でも
「土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関する問題」
「土地及び建物についての法令上の制限に関する問題」
「宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関する問題」
は、主要3領域とも呼ばれるなど大きなウェイトを占める傾向があります。

自分にあった勉強法で、まずは試験突破をめざす!

歴史の長い国家資格とあって、専門書やテキストは充実しています。
独学での勉強方法はもちろん、より密度の濃い学習のためにスクールや通信教育といったものも有効活用することもオススメ。
初めて試験に挑戦するという人は、模試などを受けながら勉強を進めると効率が上がるでしょう。