宅地建物取引士の難易度 | ケイコとマナブ.net

宅地建物取引士の難易度

出題形式は4択のマークシートで50点満点

2時間の試験時間で70%以上の正解率をめざそう

試験は1日で行われ、2時間で50問に回答します。
合格のボーダーラインは70%以上が想定されています。

毎年の状況によって合格のラインが変わるため、一問でも多く正解することが必要です。

試験問題は過去問を踏襲することが多いため、事前の模擬試験などを受けて対策を練ることも合格への近道となります。
宅地建物取引業に従事している人であれば、「登録講習修了者」となり5問が免除になります。

毎年20万人以上が受験するも合格率は20%以下を推移

ライバルには現役で働く業界の人たちも

毎年20万人以上が受験申し込みを行い、約3万人が合格。
合格率でみると15%強で、50点満点中、約7割の35点前後が合格ラインとなります。
毎年80%以上が不合格となります。
業界で働く現役の人でさえ不合格になってしまうことも珍しくありません。

選択問題の試験だからこそ、傾向と対策をしっかりと理解しよう

勉強法の王道は、過去問を解くこと

一般的なテキストでは約10年分の過去問が掲載されていることが多いのですが、法律の改正などにより当時とは答えが変わっているケースもあります。
業界の最新情報を知ることも大切な勉強です。

基本は宅建業法に準じた出題される。傾向を掴んで対策をしよう

スクールに通うことで無理なく、効率よく学習を進める

試験では宅建業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。
基本となる試験の内容は、おおむね次のとおりです。

1・土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
2・土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3・土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4・宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5・宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
6・宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7・宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

毎年試験問題は違うものの、試験には出題傾向があります。
独学でも学習は進められますが、スクールでは要点をしぼっているため、スムーズに学習が進められます。