宅地建物取引士の試験日・受験料・申し込みまでの流れ | ケイコとマナブ.net

宅地建物取引士の試験日・受験料・申し込みまで

チャンスは一年に一度だけ。
準備は入念に

試験は毎年10月に実施。

試験受付は3ヶ月前の7月が多い

2014年は試験受付が7月中、試験本番は10月の第三日曜日に設定されていました。

過去の例を見てもこのパターンが多いですが、宅地建物取引士への名称変更に伴い試験内容の変更等がある場合も想定されます。
受験を考える場合は、常にRETIO(一般財団法人 不動産適正取引推進機構)や自分が受験する自治体のホームページなどで、最新の情報を集めておきましょう。

また、スクールでは最新の情報を常にキャッチしているため、迅速な対応ができることも魅力です。

出願はインターネットでも郵送でも対応

試験日は一日のみ。これまでは申込期限は7月中のケースがほとんどでした。
出願はインターネットでも郵送でも可能です。
それぞれ申込期限が違うので注意が必要です。

※2014年の例
インターネット:2014/7/1(火)9時30分~7/15(火)21時59分
郵送: 2014/7/1(火)~7/31(木)
受験日:10/19(日)
合格発表:12/3(水)
受験料:7000円

※いったん振り込まれた受験料は、申込書が受理されなかった場合を除き、返還されません。

申し込み~資格取得までのスケジュール

これまでのスケジュールは次の通りです。

申し込み(7月中)
→試験当日(10月)
→合格発表(12月)
→登録実務講習→登録申請→登録完了(1ヶ月~2ヶ月半)
→交付申請(即日~2週間)
→交付(即日~2週間)

※合格後のスケジュールは各都道府県によって期間が異なりますので注意が必要です。