システムエンジニア講座を探す

システムエンジニア講座

システムエンジニアの習い事は、コンピューターを用いて、クライアントの求めるものを具現化する「システムエンジニア」のスキルとノウハウを身につけることができます。私たちの身の回りのさまざまなものは、システムエンジニアの人々が開発したものが多く、この仕事に携われるようになることで、個人単位ではなく社会全体に貢献することができるようになります。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のシステムエンジニア講座を見る

システムエンジニア・SE

システムエンジニア・SEとは

システムエンジニア・SEとは、システムの設計・開発・テストを行う仕事です。 プログラマーと似ていますが、システムエンジニアはクライアントとの打ち合わせ、仕様書の作成、基本設計、詳細設計などを担当し、実際のプログラミングをプログラマーが担当する場合が多いようです。ただ場合によっては、実際にプログラミングを行う場合もあります。 システムエンジニアはプログラマーなどと比べると人に関わることが多い仕事なので、コミュニケーション能力が必要とされます。また、プログラムに関する知識だけではなく、IT全般に関する知識、システムの設計力、クライアントの要望に対する理解力・分析力が必要になってきますので、日々の研さんが必要になる仕事です。 ITに興味のある人や、ITに関する新技術に興味のある人、コミュニケーション能力を持っている人などが向いています。

システムエンジニア・SEになるには

システムエンジニア・SEになるには、ITや情報処理関係の専門学校、大学を卒業しておいた方が良いでしょう。特別な資格は必要ありませんが、国家資格である情報処理技術者試験がありますので、自身のスキルを証明するためには取得を目指しておいた方が良いです。ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者などは取得しておくと、就職に有利になるでしょう。上位資格はありますが、より深い知識を求められますので、就職後、自分が目標とする技術分野が決まってから受験した方が良いかもしれません。 新卒などでソフトウェアやシステムを開発する会社などに就職し、プロジェクトのアシスタントやプログラマーとして参加し経験を積んでから、システムエンジニアになるケースが一般的です。

システムエンジニア・SE講座のポイント

システムエンジニア・SE講座を探す際には、 1.ソフトウェア・システム開発会社などへの就職率 2.ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者資格の合格率 3.フォロー体制の充実度 の順番で、チェックしておくと良いです。 システムエンジニア・SE講座では、まずソフトウェア・システム開発会社などへの就職率をチェックしておきましょう。卒業生の声なども参考にすると良いです。また、ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者資格の合格率も重要です。最後にフォロー体制の充実度もチェックを忘れないようにしておきましょう。就職のフォローはもちろんですが、資格取得の際のフォロー体制もしっかりとチェックしておくべきです。

 

ケイマナニュース!

システムエンジニア・SEスクールの検索 / ケイコとマナブ.net