プログラマーになるには | ケイコとマナブ.net

プログラマーになるには

プログラマーとは、プログラミング言語と呼ばれる特殊な言語を扱い、さまざまな機械を目的の通りに動かす設定を行う人です。
プログラマーと一言で言っても、働く場所によって覚える言語、必要なスキルなどは異なります。また、プログラマーと聞くと理系のイメージがありますが、文系の人でもプログラマーを目指すことは可能です。
ここでは、プログラマーを目指す方法についてまとめました。

プログラマーになるための資格について

プログラマーになるには、特に必要な資格はありません。
学歴については、専門学校、短大、大学などを卒業している人向けの求人が多い一方で、ベンチャー企業などでは学歴不問の企業もあります。

学歴不問の企業であれば、高卒、中卒であってもプログラマーになるチャンスがあります。
ただし、これまでプログラミングに一切触れたことがない人の場合は、入社してからの勉強が必須です。
即戦力になるプログラマーを目指すのであれば、プログラミングや、システム開発に関する教育を行っている専門学校や大学に行くと、より高度な知識を身につけることができます。

そして、入社してからも常に最新の技術や言語に関する勉強は継続して必要になります。また補足にはなりますが、ファイル名をつける時は英語での場合が多いので、ある程度の英単語を覚えているとよいでしょう。

プログラマーを目指せる専門学校の学費

プログラマーになるための勉強ができる学校は、一般のスクール、専門学校、短期大学、大学があります。学費の一例をご紹介します。

  • 【某2年制専門学校の情報処理科の場合】
    入学金:20万円
    授業料:66万5千円
    その他施設利用料や教材費:約46万5千円
    年間学費:112万5千円
  • 【某2年制専門学校の情報処理学科夜間コースの場合】
    入学金:5万円
    授業料:32万円
    その他施設利用料や教材費:9万円
    年間学費:41万円
  • 【某2年制短期大学の生活学科情報・経営専攻の場合】
    入学金:24万円
    授業料:44万円
    その他施設利用料や教材費:40万円
    年間学費:約110万8千円
  • 【某4年制大学のコンピューター理工学部の場合】
    入学金:56万4千円
    授業料:約52万円
    年間学費:約108万4千円

就職サポート、学位取得に重点を置く場合は大学や短期大学、専門学校が最適です。
一方で、学位取得にこだわらない場合はスクールで勉強したほうが安く済む場合もあります。

プログラマーに向いている人・適性

プログラマーは専門職であり、向いている人の特徴があります。
どの能力も、実際にシステムを開発していく上での基礎的な力になります。
長くプログラマーとして働きたい場合はなおのこと、自分に適性があるかどうか考えることをおすすめします。

例)
・粘り強い
・集中力を維持できるだけの体力がある
・コンピューターが好き
・コミュニケーション能力がある

まず、システム開発は長期にわたることが多いので、粘り強さが必要です。毎日一見同じような作業を続けても苦にならないことが大切です。

また、プログラミングをするときは、正確に記述しなければいけないため、集中力が必須です。長時間集中しても大丈夫な体力があると良いでしょう。
基本的なことですが、コンピューターが好きであることは重要です。プログラマーは機械の中身を触ることはあまりないかもしれませんが、機械相手の仕事とも言えるためです。

最後に、円滑に開発を進めるためのコミュニケーション能力も重要です。業務では、進捗状況の報告、システムの改善案などをプログラマーやディレクター・デザイナーなどと話し合う機会があるため、自分の考えを発信しなければいけません。

コミュニケーションの方法は口頭やメール、チャットツール等を活用したオンラインの会話などと多岐に渡ります。

IT業界の現状について

世界的にコンピューターが普及し、IT業界は一大産業になりました。
コンピューターを作るだけではなく、インフラの整備などにもIT業界が関わっています。
したがって、IT業界にも、製造系、金融系、流通系などの種類があり、プログラマーにもそれぞれに得意な分野があります。

ところで、IT業界というと、給料が高いイメージと、反対に安いイメージの両方があるかもしれません。実際、給料が高い人と上げ止まってしまっている人の両方が存在し、給料の格差が発生しているようです。
非常に技術進歩の速い業界なので、常に最新の情報を学び、プログラマーとして成長していく姿勢が求められます。

また、IT業界の課題として、長時間労働という問題が挙げられることがあります。
1つのソフトウェアを作成するのにも、取引先との要件定義、チーム内での開発作業や業務の調整、テストサーバーなどを経由してのテスト業務、実際に稼働後に不具合があった場合の修正対応など、さまざまな業務があるため、どうしても勤務時間が長めになってしまう傾向にあるようです。

しかし、近年は労働環境の改善に注力する企業が増加しているため、安心して働ける環境が整備されつつあります。

プログラマーになる志望動機

プログラマーを目指した動機はさまざまですが、ものづくりの楽しさを感じられるためという理由が多いようです。

プログラミングは実際に物を作り上げる作業です。工作など、何かを作ることが好きな人が、プログラミングに触れてその楽しさに目覚め、仕事として選ぶことがあります。

もともとゲームが好きで、楽しさを創造するために、ゲームプログラマーを目指す場合もあります。

いずれにしても、単に作ることが好きというところから発展して、制作を通じて世の中と繋がりたい、社会の役に立ちたいという思いが、プログラマーという将来に結び付いていると言えます。

また、そもそもなぜコンピューターが動くのかというところに疑問や興味を持ち、プログラマーになる人もいます。

プログラマーという職業柄、コンピューターとの付き合いは続くのでコンピューターへの興味・関心がある人の方が、働いていて楽しさを感じられるかもしれません。

プログラマーの勤務先

プログラマーの勤務先は、システム開発会社がメインですが、金融機関などの電算処理担当部門、一般企業の情報処理部門で働いています。
情報処理部門は、多くの企業に存在するため、業界を問わずIT人材が必要とされています。

例)
システム開発会社
ゲーム開発会社
カスタマーセンター
一般企業の情報管理部門
IT系公務員
教育機関

このように、プログラマーの勤務先は実にさまざまです。
企業によっては、海外に拠点を持っていることもあるので、海外勤務も視野に入れることができます。

海外で、現地の技術者と協力してシステム開発を進める職種をブリッジシステムエンジニアと呼ぶこともあります。
プログラミングを習得すると、IT人材として活躍することができ、ITを武器に多方面にわたって就職活動をすることが可能です。

プログラマーのさまざまな雇用形態

プログラマーは、正社員の他、派遣、アルバイト、独立などの雇用形態があります。

派遣のプログラマーは、派遣元に登録し、派遣先でプログラマーとして働きます。勤務時間、給料が決まっているため、残業をあまりできない事情のある人でも働きやすい雇用形態です。

アルバイトのプログラマーは、難易度がさほど高くない業務内容のものもあるため、現在プログラミングを勉強中でスキルアップを目指す人に最適です。

プログラマーの中には、独立をする人もいます。会社に所属せず、フリーランスとして働く人もいれば、独立したい仲間を集めてスタッフを雇用し、法人の経営者になる人もいます。

最初はプログラマーでも、その後に歩む道は実に多彩なのです。

IT業界のお仕事紹介

IT業界では、プログラマー以外の職種の人材も多数活躍しています。

例)
システムエンジニア
ITコンサルタント
ITインストラクター
セールスエンジニア
ソフトウェアエンジニア
データベースエンジニア
セキュリティエンジニア
ネットワークエンジニア
カスタマーエンジニア
サポートエンジニア
ゲームクリエイター
ゲームデザイナー
Webデザイナー
デジタルクリエイター
プロジェクトマネージャー
セールス
ITアーキテクト
ISアナリスト
プログラムマネージャー

システム開発には、多くの人が関わっています。
特に、全ての開発段階に関する知識や経験を活かし、多くのスタッフを取りまとめるプロジェクトマネージャーや、企業にITの戦略的な活用を提案するITコンサルタントの需要はますます増加中です。

プログラマーとしてIT業界に入り、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントを目指す人もいます。

この仕事に関する講座を受けた方の声

春さん

23歳まで飲食店のアルバイトをしていましたが、将来的に手に職をつけた方がいいと思い、IT関連の仕事は人手不足だとよく耳にしていたため、受講してみようと思ったのがきっかけでした。

PHPプログラマーの講座を受講しましたが、自分で設計し、プログラミングすることにより、1から一人でサービスを作る達成感と喜びを感じることができて、ホントに充実感がありました。

プログラミングをする上での基礎知識やwebサービスの仕組みなどが理解できました。またphp言語を学ぶことにより、wordpressなどのソースコードなども理解できるようになり、ホームページ制作など仕事の幅が広がりました。

期間は1ヶ月ほどでしたが、料金はオンライン等と比べてもそこまで高い料金ではありませんでした。またプログラミングの勉強は1人では中々難しいこともあると思うので、自分の身につくと考えれば料金に対して不満はありませんでした。

実際に現在PHPプログラマーとして職についています。DB設計やコーディングはもちろん、受講したことで得た、知識などは未だに役に立っているなと感じることが多くあります。