ネットワークエンジニア講座を探す

ネットワークエンジニア講座

ネットワークエンジニアの習い事は、これからエンジニアとして活躍を目指している方や、IT関連の仕事をしている方のスキルアップなどに役立ちます。ネットワークエンジニアとしての仕事や基礎知識などを身につけておくことで、インフラ担当として就職したい場合などに有利になることがあります。また、社内での業務領域を増やしてキャリアアップにもつなげることができます。

ご希望のエリアを選択してください

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のネットワークエンジニア講座を見る

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、コンピューターのデータを送受信する上でネットワークのシステムを作る仕事をする人のことです。オフィス内LANから銀行のATMネットワークなど大きなものまで、携わる規模は様々です。仕事の内容としては、ネットワークシステムの設計、構築、運用と保守になります。コンピュータのハードウエアの知識だけでなく、コンピュータの基本設計に関する知識にも精通していることが必要です。システムエンジニアと似ているようですが、ネットワークエンジニアはネットワークシステムに関わり、システムエンジニアはコンピューターシステムに関わっています。ITの目覚しい発展に伴い、ネットワークに関する知識や技術を常に学び続けていくことが必要で、顧客のあらゆるニーズに対応できる力が求められます。

ネットワークエンジニアになるには

ネットワークエンジニアになるには、独学で学んでいくこともできますが、専門学校や大学で集中して専門的な知識と技術を学び、ネットワークエンジニアとして活動していくこともできます。卒業後はコンピュータ関連の企業に就職するのが一般的です。必ずしも資格は必要ではありませんが、資格を持っていることで一定レベルの知識と技術を持っていると評価されますので、就職の時に有利です。資格にはシスコ認定資格の「CCNA」と国家資格の「ネットワークスペシャリスト」があります。

ネットワークエンジニア講座探しのポイント

ネットワークエンジニア講座を探すにあたり、まずは必要な知識や技術をバランスよくカリキュラムに組んであるところを探します。CCNA資格の認定元Cisco社のネットワーク機器は、まずどこの企業でも使っていますので、ここのネットワーク機器に関する知識と技術がきちんと学べるところが良いでしょう。通信では受講者のライフスタイルに合わせて受講期間を調整することができますので、受講期間を短縮したい方やゆくり学びたい方に向いています。また、自分で学ぶペースを管理でき、資格試験への対策などの勉強方法がわかっている方の方が良いでしょう。通いでは、何をどう勉強すれば良いのかなど、直接受講していることで、分からない部分があっても解決しやすいでしょう。通信での受講も、通学で受講する場合にも、就職に向けての指導があると安心です。

 

ケイマナニュース!

ネットワークエンジニアスクールの検索 / ケイコとマナブ.net