マイクロソフト製品講座を探す

マイクロソフト製品講座

マイクロソフト製品の習い事は、マイクロソフト社の販売している各種ソフトの使い方を学ぶことができます。マイクロソフト製品の種類は多岐にわたっています。それらを学ぶことで、基本的なパソコンの動かし方をはじめ、文書作成や表計算などを学ぶことができます。自分だけの家計簿や住所録を作れるようになるほか、スキルを仕事に生かすこともできます。

マイクロソフト製品を学ぶ上でのポイント

マイクロソフト製品講座とは

現在のオフィスワークに欠かせない存在がパソコンです。パソコンを使った業務はあらゆる業種で必要とされているため、就職や転職をする際にはパソコンのスキルが高いほうが有利といえます。なかでも、オフィスワークで使用される頻度の高いマイクロソフト社の製品を、どの程度使えるかを重視される傾向があります。実務を通して必要なスキルだけ身に付けることでも業務に対応できますが、オフィスワーカーのパソコンスキルが全体的に上がってきているので、スキル不足とみなされることもあります。そこでマイクロソフト製品に関する知識やテクニックを基礎から学ぶことができるのが、マイクロソフト製品講座です。マイクロソフト製品の中でもよく使われるエクセルやワード、パワーポイントに関する講座は、就職をめざす学生から、実務で使用するビジネスマンまで受講する人が増えています。

マイクロソフト製品講座のメリット

マイクロソフト製品講座に通うことで、ソフトの基礎的なことから体系的に学ぶことができます。そこで得たテクニックを業務で使いこなすことで、さらに作業効率や精度をアップすることができます。また、ソフトは定期的にバージョンアップされ、それに伴って使い方が変わることは珍しくありません。マイクロソフト製品講座に通うことで常に最新の正しい知識を得ることができます。また、マイクロソフト製品関連の資格として、民間資格のマイクロソフトオフィススペシャリストなどがあり、有資格者は就職や転職の際にアピールできます。資格取得を目指す場合にも、資格取得に対応した講座で学ぶと効率的に学べます。

マイクロソフト製品講座探しのポイント

マイクロソフト製品講座を探す際には、まず自分のレベルに合った講座が開かれているかを確認しましょう。そして受講形式も重要です。マンツーマン形式と少人数での個別指導、大人数での授業形式の大きく3つに分けられることが多いです。マンツーマン形式は付きっ切りで教えてもらえるため、分からないことは全て質問できます。ただし受講料は高くなります。少人数制の個別指導は1人の講師が複数の生徒を教える形式です。少人数なので講師の目も届き、マンツーマンよりも受講料は安くなります。授業形式は講師が大人数の生徒に指導します。受講料は最も安くなりますが講師の目が全てには届かないので、授業の進度に遅れてしまうこともあります。それぞれのメリット、デメリットを考慮した上で自分に合う講座を選びましょう。

マイクロソフト製品スクールの検索 / ケイコとマナブ.net