ワード講座

Microsoft Wordの習い事は、学業や仕事に大変役に立ちます。学校のレポートや仕事で作成する文書のほとんどは、Microsoft Wordを用いて作成される事が多くなっています。通学講座でソフトの使い方を学ぶことで、文書を作成するだけでなく、体裁を整えて、見る人が分かりやすい書面に仕上げることができるようになります。便利な機能も多く、学ぶことで、作成の時間短縮にもなります。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のワード講座を見る

Microsoft Word(R)

ワード(Word)の講座・資格講座とは

ワード(Word)の講座・資格講座とは、Microsoft社のオフィススイートであるMicrosoft Officeの中核をなすMicrosoft Word(以下、Word)を学ぶ講座、それに関連する資格の取得を目指す講座のことです。 Microsoft Officeは、オフィススイートソフトの中では大きな普及率を誇っており、ビジネス用途におけるスタンダードソフトといって間違いないでしょう。それに伴いWordもワープロソフトのスタンダードとなっており、Microsoft Officeのもう一つの中核、Microsoft Excel(以下、Excel)とともに、社会人が身につけておくべき技術の一つとなっています。

ワード(Word)の講座・資格講座のメリット

ワード(Word)の講座・資格講座のメリットは、何といってもWordが使えるようになり、その資格を取得できる点です。 現在ではWord、Excelの基礎技術を身につけていることは、就職の最低条件とされることも多くなってきました。特にWordの技術は企画書、稟議書などの社内文書の作成から、送付状、提案書などの社外文書の作成まで、営業・事務職種を問わず必要とされるものですから、社会人であればぜひとも身につけておくべきでしょう。 Word関連の資格としては、日本商工会議所の日商PC(文書作成)、Microsoft社のMOS(Microsoft Office Specialist)の二つが代表的なものになります。知名度でいえば、MOSの方に軍配が上がりますが、日商PCの試験はMOSよりも実践的といわれていますから、併せて取得していれば就職の際の評価ポイントになるでしょう。

ワード(Word)の講座・資格講座探しのポイント

ワード(Word)の講座・資格講座探しのポイントは、「どのレベルを目指すか?」によります。あくまでWordの基本技術を身につけるだけであれば、Wordの専門講座を受けるより、パソコンの初心者講座を受けたほうが効果的な場合もあります。 Wordの専門講座を受ける場合には、むしろWordで社外向けのお洒落な文書を作ることを目指したり、他のアプリケーションソフトとの連携などを目指す場合などでしょう。 資格講座は、Word単独なら日商PC(文書作成)向けの講座が良いです。日商PC(文書作成)はBasic、3級、2級、1級に級別に分かれていますが、一般的に就職に有利になるのは2級以上からになります。MOSを目指す場合は、Word単独というよりはExcelとの同時取得を目指す場合が多いでしょう。MOSのWord、Excelにはそれぞれ一般向けの「スペシャリスト」と、上級者向けの「エキスパート」があります。就職にはスペシャリストでも十分有利となりますので、目標としてもいいでしょう。

 

ケイマナニュース!

Microsoft Word(R)スクールの検索 / ケイコとマナブ.net