MOSを取得している人たち | ケイコとマナブ.net

MOSを取得している人たち

取得者のプロフィール

MOSは履歴書に記入して企業にアピールすることができるため、社会人から学生、再就職をめざす主婦まで幅広い層が受験しています。
まさに老若男女、万人に開かれた資格といえます。

事務系以外にも広がる活躍のフィールド

販売や営業企画、管理者・管理職まで

Excel、Wordをよく使う職種としてイメージしやすいのは一般事務、営業事務、経理事務などですが、事務系の求人のみならず、販売や営業企画でもMOSのスキルは重宝がられます。

なぜなら職種や雇用形態に関わらず事務的な業務効率が上がれば、仕事のスピードアップはもとより、アイデアを練る時間や新しいことに取り組むゆとりを作り出すことができるからです。

さらに近年では管理者・管理職関係といったチームリーダー的なポジションにいる方や役職のある方、あるいはそういった役割を目指している方や補佐する立場にある人の受験も増えています。

MOSの活かし方、取得のメリット

今や事務職に限らず、PCを使わない職種はないといっても過言ではない中、圧倒的なシェアを誇るMicrosoft Officeのスキルともなれば、「できて当たり前」と見る人事採用担当者が増えています。

MOS取得者はパソコンを利用するあらゆる職種で即戦力として期待されます。

実務経験のなさを資格がカバー!

実務経験が不足していても、スキルを客観的に証明するMOSで経験不足を補えることもあります。

「実務ではPCを使ったことがないけれど、十分なスキルがあることをアピールしたい」というようなケースでは、WordやExcelの機能を駆使した応募書類を提出したり、PowerPointを使って作成した資料を添付したりすることで自己アピールを心がけると、更なる効果が期待できるでしょう。

派遣社員の時給アップに結びつくケースも!

即戦力が求められ、スキル重視の傾向がさらに顕著な派遣業務では、スキルの客観的な評価が大きな決め手となります。

そのためMOSを必須資格に指定している企業も多く、その評価は時給にも直結します。

特にExcelならエキスパートレベルに加え、まだまだ実務で使った経験があるという人は限られるPowerPoint、Accessが使えればアピール度は高く、高時給の求人がぐんと増えてきます。

仕事の基礎力アップにも効果的!

どうしても自己流になりがちなソフト活用スキルを、系統立てて身につけることができることがMOSの最大のメリットです。

米国サーティポート社とユタ大学が、世界のさまざまな企業で働く従業員を対象に、生産性に与えるMOSの影響を検証したアンケートでは、MOSを取得した従業員の88%が「仕事の成果が上がった」と回答し、80%が「Microsoft Officeの知識とスキルで周囲から一目置かれるようになった」と回答しています。