社会人になってからでも学べるグラフィックデザイン | ケイコとマナブ.net

社会人になってからでも学べるグラフィックデザイン

お店できれいなパッケージに魅かれて商品を手に取ったり、通勤時に観光地や動物のポスターなどを見たりして心和んだ経験はないでしょうか?これらの多くはグラフィックデザイナーが手掛けたものです。
自分でもこんなデザインを手掛けてみたい、美術学校を出ていなくとも社会人からグラフィックデザイナーを目指してみたい、と考えている方のために必要な情報をお届けします。

グラフィックデザインとWEBデザインの違い

パソコンやインターネットが当たり前の時代となり、広告などのデザインもパソコンで行われるようになりました。そこで登場したのがWEBデザインです。
以前からあるグラフィックデザインとWEBデザインの違いとは何なのでしょうか?それはグラフィックデザイナーとWEBデザイナーの違いとも共通します。
新聞や雑誌の広告、パンフレット、商品パッケージなど視覚的なデザインの大抵はグラフィックデザインと捉えてよいでしょう。グラフィックデザインは、紙媒体で印刷に落とすことを前提に作られることが多いです。グラフィックデザイナーは、印刷されても美しさがそのままの高解像度の画像を作ることを求められます。
一方、WEBデザインは、WEBサイト(ホームページ)のデザインとも言います。WEBデザイナーは、見やすいレイアウトや使いやすさ、動かしやすさを重視します。

・グラフィックデザイナーの主な仕事

クライアントから依頼があると、アートディレクターが要望をヒアリングし、グラフィックデザイナーが形にします。企画の意図、ターゲット層から、デザインのイメージを固めていきますが、仕事内容によっては、イラストレーターやフォトグラファー、コピーライターも制作に参加して、一緒に作り上げていくこともあります。文字やイラスト、写真などあらゆる視覚的なものを駆使して、デザインを仕上げていきます。
デザインが決まったら、DTPオペレーターに引継ぎます。DTPオペレーターは、グラフィックデザイナーの指示に基づいて、行間を読みやすく変えたり、写真を貼り付けたりなどパソコンで細かい作業をします。印刷する状態まで仕上げます。

・WEBデザイナーの主な仕事

WEBサイトのレイアウトだけでなく、企業のロゴやバナーなどのデザインも依頼されることがあります。コーディングスキルのあるWEBデザイナーは、コーディングまで頼まれるケースもあります。

グラフィックデザインに必要なスキル

グラフィックデザインでは、写真、イラスト、文字、レイアウトが重要な意味を持ちます。下記のソフトウェアは扱えるようになるとよいでしょう。

・ Photoshop(R)について

画像編集ができるソフトです。色彩を自由に調整することもできます。カメラで撮影した写真の中のパーツを自由に移動させ写真加工したりすることができるソフトウェアです。

・ Illustrator(R)について

イラスト製作には欠かせない描画ツールソフトです。ベクタ形式を採用し、数値で図の大きさを変えられるので、解像度が大きくなっても容量があまり変わらないのがメリットです。ただ、点描写の方が向いている細密画などには向きません。

・In Design(R)について

効果的なレイアウト作成に必要なソフトウェアです。Photoshop(R) やillustrator(R)で作った画像や描画を損なわずにレイアウトできる優れものです。タイポグラフィ機能(魅力的な活字の使い方ができる機能)など多機能なので、身につけておきたい技術です。

社会人からグラフィックデザインを学ぶには

大手の広告代理店に就職する一番の広き門は、4年制大学を出て新卒で入社することですが、大手にこだわらなければ、比較的小さな会社で、アシスタントやDTPオペレーターとして出発し、そこから実力を磨いていくことも可能です。
またクラウドソーシングで腕を磨き、最終的にフリーランスとしてやっていく道もあります。
ですから、社会人からグラフィックデザインを学んでも決して遅くはありません。

まず、グラフィックデザインを独学する方法があります。
最近はとても分かりやすい参考書も出ていますし、有名グラフィックデザイナーの作品を見て勉強し、上記の3つのソフトを中心に技術を習得していくと良いでしょう。

独学でも実力主義の世界なので、実績やセンスがあればグラフィックデザイナーへの道は閉ざされることはないです。しかし、全くの初心者が基礎から独学で学ぶのは、とても大変です。社会人の方なら時間も限られているのでなおさら大変です。

グラフィックデザインを学べる多くの専門学校やスクールでは、社会人向けに夜間コースや土日のコースを設けています。経験豊富な講師の指導は的確で、疑問もその場で解決、何より他の生徒や先生の作品を見て刺激を受けます。モチベーションの維持の面でも将来の人脈作りの点から見ても、メリットが多いといえます。
専門学校やスクールによっては、就職活動も決まるまで学費免除をするなど、受講後でも手厚いサポート体制を用意しています。

グラフィックデザインに役立つ資格を取得して自信をつける

実力や実績が重要視されやすい業界ですから、一歩を踏み出すために自分に自信をつけてあげたいものです。次のような資格が心強い味方になってくれます。

・Photoshop(R)クリエイター能力試験

Adobe Photoshop(R)のソフトのスキルを証明する資格です。アシスタントレベルの「スタンダード」とデザイナーレベルの「エキスパート」の2段階に分かれています。プロを目指すのなら、「エキスパート」を目指しましょう。実技に重きをおいている試験です。

・ Illustrator(R)クリエイター能力試験

Adobe Illustrator(R)ソフトのスキルチェックができます。色調補正、加工などの比較的易しい問題ではなく、制作を想定した試験です。
「スタンダード」と「エキスパート」に分かれ、「スタンダード」は指示通りにIllustrator(R)で作業できるレベル、「エキスパート」は、クライアントの要望通りのコンテンツ制作ができる実力を示すものとされています。

・DTPエキスパート

DTPとは、DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)の略で、訳すと「机上出版」となります。机の上のパソコンで作ったデータを印刷するまでという意味になります。
DTPエキスパート試験とは、クライアントの要望通りのデザインを設計し、それを実現させるための全体的な流れと知識と技術を問う試験です。

その3つの他に色彩検定(R)2級、3級なども役に立ちます。

まとめ

グラフィックデザインの世界は、確かに狭き門ですが、実力さえあれば活躍することは可能です。社会人になってからでも、十分チャンスはあります。興味があるのなら、ここで挙げた資格を取って、チャレンジしてみてください。