グラフィックデザイナー講座を探す

グラフィックデザイナー講座

グラフィックデザイナーの習い事は、ポスターや広告、看板をデザインする仕事に就きたいという人におすすめです。広告代理店が企業から印刷物の注文を受けたときに、カメラマンが写真を撮り、イラストレータが絵を描き、キャッチコピーはコピーライターが行い、それぞれのパーツをまとめて仕上げるのがグラフィックデザイナーです。DTPデザイナーというパソコンを使ってデザインをする仕事もあります。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のグラフィックデザイナー講座を見る

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーとは、写真や動画、絵画、イラスト、文字などを同一画面に構成し、情報を視覚的に伝える仕事のこと。ポスターデザインや広告デザイン、パンフレットデザイン、雑誌の表紙デザイン、店舗の看板デザインなどの企画制作を行うのがグラフィックデザイナーの仕事になります。主な取引先は、広告代理店や出版社、印刷会社、店舗の経営者などになります。依頼主の企画内容、コンセプト、ターゲットなどに基づいて、デザインを行います。それで終わりではなく依頼主が納得するまで、デザインを修正する必要があるため、デザインセンスや技術だけではなく根気も必要になる仕事です。広告会社や印刷会社などの会社勤めの方も多いですが、フリーランスの方も少なくありません。

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーになるには、特別な資格が必要なわけではありませんが、デザインに関する様々な知識が必要となる職業です。それだけではなく全体の構図、写真や文字のデザイン、配置や配色に関する知識、それらをまとめ上げる美的センスが必要となります。ただし、依頼主の意図を理解し、表現することが求められるため、美的センスだけが優れていれば良いというものでもありません。現在ではほとんどのグラフィックデザイナーがDTPデザインを行っているので、IllustratorやPhotoshopなどのソフトの知識は最低限必要となってきます。

グラフィックデザイナー講座探しのポイント

グラフィックデザイナー講座を探すなら、「自分が必要としているもの」を知ることが大切です。グラフィックデザイナーになるには、センスはもちろんのこと、デザインに関する様々な知識、DTPの技術を身につける必要があります。もちろん、すべてが学べる教室・学校が良いことは間違いありませんが、やはりそれぞれ重視しているものが少し違います。それを知るためには説明会に積極的に参加したり、カリキュラムを比較してみるのがいいでしょう。自分がグラフィックデザイナーになるのに不足しているのは、センスなのか、知識なのか、技術なのか、自己分析をしてみることは決して無駄にはなりません。もちろん、取得できる資格なども異なることがありますので、それも比較のポイントです。

 

ケイマナニュース!

グラフィックデザイナースクールの検索 / ケイコとマナブ.net