グラフィックデザイナーの仕事内容とは | ケイコとマナブ.net

グラフィックデザイナーの仕事内容とは

ポスターや、雑誌、書籍など、私たちの身近にあるさまざまなデザインは、グラフィックデザイナーの作品です。今回は、実は私たちの生活に身近な、グラフィックデザイナーの仕事内容をご紹介します。

グラフィックデザイナーの仕事内容について

グラフィックデザイナーは、ポスターや雑誌、書籍といった紙媒体のデザインをする職種を言います。
主に、以下のような仕事を担当します。

例)
・広告や看板のデザイン
・ポスターやチラシの作成
・デザイナー(紙)から上がってきたデザインをデジタルに落とし込む
・食品の包装紙のデザイン

グラフィックデザイナーは、ポスターやチラシ以外にも、商品の包装紙のデザインなども行います。
また、紙のデザイナーとデジタルのデザイナーを分けて行う人もいますが、兼用する人もいます。

グラフィックデザイナーの魅力(やりがい)

グラフィックデザイナーの魅力ややりがいとしては、下記のようなことが挙げられます。

例)
・好きなことを仕事につなげることができる
・お客様が喜ぶデザインを作ることができる
・自分の作ったデザインを世の中に送り出すことができる

絵を描くことが好き、色の組み合わせを考えることが得意という人にとってグラフィックデザイナーは、自分の特技を仕事に直結させることのできる職種です。

また、お客様に喜んでもらえるデザインを作ることで、ありがとうと感謝してもらえます。

さらに、自分の作ったデザインを世の中に送り出すことができるという醍醐味があります。
他の業種では、自分の作ったものが、直接世の中に出回ることは少ないかもしれないですが、グラフィックデザイナーの場合は、ポスターや書籍といった、社会のどこかで必ず目にされるものを作ります。

グラフィックデザイナーは、自分の作品が多くの人に見てもらえるというよろこびの得られる職業と言えるでしょう。

グラフィックデザイナーとイラストレーターの違い

イラストレーターとグラフィックデザイナーのもっとも大きく違うところは、一部を担当するか、全体としてデザインするのかという点です。

イラストレーターは、印刷物全体のデザインというよりも一部のイラストやロゴを担当します。雑誌やポスターのイラストの他、ゲームなどのキャラクターを描いたりすることもあります。

グラフィックデザイナーは、印刷物のデザインが仕事です。イラストだけではなく、フォントやレイアウトに関する知識も持っています。

ただし、両方を兼ねている人もいるため、厳密に職業名が分けられているわけではありません。

グラフィックデザイナーの一日の流れ

グラフィックデザイナーの一日の流れは、納期が近いのか、新規の提案を行う日なのか、デザインを発案するだけの日なのかなどによって変わります。

ここでは、グラフィックデザイナーの一日の流れの一例をご紹介します。

出勤

企画書の作成や市場調査:クライアントからの希望をもとに、どのようなデザインを作成するのかを考えます。グラフィックデザイナーとしては、ここが特に重要なポイントになります。

サンプル作成:作成した企画書をもとに、サンプルを作成します。

ランチ

提携工場へサンプルの提出:サンプルデータを提携工場へ提出します。

完成したサンプルの確認:完成したサンプルを改めて確認します。場合によっては、自分以外のグラフィックデザイナーの意見を聞いて、さらに良いものを目指します。

退勤

グラフィックデザイナーをやっていて楽しいと感じる瞬間

グラフィックデザイナーになる人に共通して言えることは、もともとイラストやデザインが好きであることが多いようです。

また、デザインを通じて人を喜ばせたいという想いがある人もいます。
自分でイラストを描いて満足するだけではなく、お客さんの要望に合ったデザインを提案し、受け入れられることに喜びや、楽しさ、やりがいを感じるという人もいます。

心からデザインが好き、イラストが好き、誰かを喜ばせたい、世間を驚かせたいと思う人に最適な職業です。

グラフィックデザイナーを通じて身につくスキル

グラフィックデザイナーとしては、以下のようなスキルが身につくと言われています。

例)
・コミュニケーション能力
・協調性
・美的センス
・デザインに関する知識
・編集ソフトの上手な使い方
・流行のデザインに関する知識

グラフィックデザイナーは、デザインの知識は当然として、クライアントが求めているデザインを形にするという仕事もあります。
そのためには、クライアントと円滑なコミュニケーション能力が必要不可欠です。

グラフィックデザイナーの将来について

グラフィックデザイナーは、印刷物がある限り無くならない仕事です。そのため、業界としては今後もずっと継続していく可能性が大きいです。

また個人レベルでのキャリアプランについては、入社した会社で勤めていれば昇進し、デザイナーをまとめる管理職に就く可能性があります。

管理職に就いたら、上司からの指示を待つ側ではなく、上司として指示をだしたり、スケジュール管理をしたりといった業務になります。

担当案件にもよりますが、担当する分野に統一性がない場合もあり、常に新しい業界や、情報に触れる毎日になります。案件は同時に複数抱えているため、時間のやりくりにも工夫が必要です。

ある程度の経験を積んだ後は、独立して自分のデザイン事務所を持つ人もいます。

グラフィックデザイン業界の他職種の主な仕事

グラフィックデザイン業界を広く印刷業界ととらえなおすと、実にさまざまな人が働いています。

例)
・イラストレーター
・漫画家
・映像クリエイター
・広告制作
・コピーライター
・編集ライター
・Webデザイナー

また、印刷物以外にも、映像を作る場合は映像クリエイターなどと、CMなどのプロモーションの仕事で一緒になることがあるかもしれません。

他に、看板制作や広告制作、キャッチコピーを考えるコピーライターも同じ業界で働いていると言えます。