アートディレクター講座を探す

アートディレクター講座

アートディレクターの習い事は、その職種の認知度が次第に高まりをみせており、社会的需要が非常に増えています。アートディレクターには特別な資格があるわけではなく、基本的にはデザインの領域で、企業イメージや店舗・展覧会などの視覚的イメージのすべての領域を対象に、クライアントがのぞむ目的に方向づける視覚効果の監督といえます。その資質を高めることで、広告業界やデザイン業界で力を発揮できます。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のアートディレクター講座を見る

すぐ予約できるアートディレクターの一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

アートディレクター

アートディレクターとは

アートディレクターとは、広告や装丁、雑紙やウェブサイトなどあらゆるメディアについてその表現の仕方や内容の責任者のことです。表現するものについて、クライアントやプロデューサーや編集者と企画、方向性などを決めておき、コピーライターやカメラマン、デザイナー等、一緒に作り上げるメンバーに指示を出したり調整を図りながら目指すものを作りあげていきます。広告ビジネスということを意識し、伝えたいメッセージをメディアを通じて消費者にいかに効果的に伝えるのか、その広告政策における現場監督、メディアをデザインする中心人という立場です。 自分のアイディアやセンスを作品に反映させられる職業ですから自己表現としてやりがいも大きいでしょう。一方でクライアントとクリエーター両方の要求も聞きながらつくりあげていかないといけませんので、板挟みになりやすい仕事でもあります。

アートディレクターになるには

アートディレクターになるには、デザインや色彩、フォントや写真、映像など、メディアに関わる分野について総合的な知識が必要とされます。また、クライアントや制作メンバーとのコミュニケーション能力や、統率力、ビジネス感覚なども求められます。実務未経験でなることはなかなか難しく、グラフィックやイラストのデザイン、映像、広告に関する分野で学び、その上で数年実務経験を積みながらアートディレクターとしてステップアップするのが一般的です。

アートディレクター講座探しのポイント

アートディレクターを目指すには、様々な分野の知識が必要となりますから、デザインやグラフィック、映像など表現に関する分野を網羅したカリキュラムが組んである講座だといいでしょう。デザイン関係のものに偏っておらず、プレゼンや流通のリサーチ法などに関して学べるかどうかも確認します。実務がない場合には、実務未経験者に対応したプログラムを組んであるとこをを選ぶことも大切なポイントです。養成講座として開講しているところは、主要都市で無料講座を開いているところもありますので、様子を把握するためにも体験で受けてみるといいでしょう。通信講座より通学制がほとんどです。自分が学びたい分野を中心に、学費の予算や受講期間など、今の自分の生活に合わせて学べるのかどうか考えて選びましょう。

 

ケイマナニュース!

アートディレクタースクールの検索 / ケイコとマナブ.net