Webディレクター講座

Webディレクターの習い事は、Webディレクターとして必要になる、プランニングやHTML,CSS、プログラミングの知識を学ぶことはもちろん、制作進行役としてスタッフをまとめ進捗状況を的確に見極める力を養成します。現役で活躍するディレクターに直接指導してもらえる講座や、昼間、夜間、土日など仕事をしながら通える講座もあります。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のWebディレクター講座を見る

すぐ予約できるWebディレクターの一回完結・体験レッスン

通学講座を探す体験レッスンを探す

Webディレクター

Webディレクターとは

Webディレクターは、Webページを美しく機能的に制作するのを監督する仕事です。ですが、仕事内容は多岐に渡ります。Webデザイナー、Webプログラマー、コーダーなどの制作スタッフを取りまとめ、プロジェクト全体の指揮をとります。クライアントの要望を理解し、それを制作現場に伝え、より良いWebページが作れるようにする重要な仕事です。場合によっては、Webディレクター自身が、Webプランナーを兼ねたり、Webデザイン、実際に画像データやテキストデータをWebページとしてHTMLやCSSに書き出すコーディング作業や、簡単なスクリプトを作ったり、Flashの作成に直接、間接を問わず携わることになりますので、それらに対する理解も必要です。 Webに関連する仕事をする人には、デザインが得意な人、コーディングが得意な人、スクリプトやFlashの作成が得意な人、いろいろなタイプの人がいます。それらの人に適切な仕事を与え、制作現場を管理すること、それがWebディレクターの重要な役割です。

Webディレクターになるには

Webディレクターになるには特別な資格はありません。ただし、Webに関する知識と、デザインに関する知識、HTML・CSSに関する知識、スクリプトやFlashの知識が必要になります。クライアントによっては「仕様書」という形でWebデザインの構成などが渡されることがありますので仕様書を理解する読解力や、クライアントの要望を理解し表現するコミュニケーション能力も重要になってきます。 独学でWebディレクターを目指される方もいますが、初心者であれば無理せず専門学校やスクールに通われることをオススメします。Webディレクターになるには、幅広い知識を身につける必要があるため、しっかりとした講師から体系づけて教えてもらったほうが効率が良いです。

Webディレクター講座探しのポイント

Webディレクター講座探しのポイントは、就職率や資格取得の合格率の高さでしょう。 Webディレクターはどこかのホームページ制作会社などに就職して仕事をするのが一般的です。ですので、就職率の高さはまず第一に考えるべき点になります。 また次に資格取得の合格率の高さもよく調べておきましょう。ウェブデザイン技能検定や、Webクリエイター能力認定試験などWebページ制作に関わる多様な試験があります。またIllustratorクリエイター能力認定試験などのソフト操作に関する資格も取得しておいた方がいい資格になります。こういった資格は就職の際はもちろん、実際の業務にあたっても役立つでしょう。

 

ケイマナニュース!

Webディレクタースクールの検索 / ケイコとマナブ.net