働きながら臨床心理士を目指す方法や、臨床心理のカウンセリング効果などを解説 | ケイコとマナブ.net

働きながら臨床心理士を目指す方法や、臨床心理のカウンセリング効果などを解説

臨床心理士とは、心の問題の解決を援助するプロのことです。医療や教育や福祉、さらには司法の現場で活躍しています。
臨床心理士になるには、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会の定める試験に合格する必要があります。
ここでは、心理学を学んだことのない人が臨床心理士を目指す方法や、臨床心理士が行うカウンセリングの効果などをご紹介します。

臨床心理士の意味とは

臨床心理士とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、心理的問題を抱える人への援助や人々の心の健康増進のために活動する資格を有する人のことを指します。
心の問題に取り組む職業としては、心理セラピスト、サイコセラピスト、心理カウンセラーと呼ばれるものもありますが、日本ではこれらを名乗るに明確な資格が決まっているわけではありません。

一方、臨床心理士は、詳しくは後述しますが、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う試験に合格することで初めて名乗れる資格になります。

また、臨床心理士は以下の4種の専門業務を任されます。

【臨床心理査定】
さまざまな心理テストや面接や観察などを通じて、心理学的援助が必要な事例について人格や状況等心理的側面の情報を収集する仕事です。

【臨床心理面接】
相談者に対して、さまざまな心理的技法を用いて心の問題解決への援助をします。

【臨床心理的地域援助】
臨床心理士の相談者は個人に限らず、地域住民全体や学校などの教育の場、職場などのさまざまなコミュニティに属する人たちに対して心の支援活動を行うこともあります。
また、ポスターや資料による新たな心の健康に関する情報の提供といった仕事も担当することもあります。

【上記に関する研究や調査】
上記の仕事を行うためにも、臨床心理士は常に研究活動を続ける必要がある仕事です。
場合によっては、論文の発表や研究結果の発表などを行う場合もあります。

臨床心理士のカウンセリング効果とは

臨床心理士によるカウンセリングは、さまざまな心理学の理論や心理療法の知識に裏打ちされたものです。

臨床心理士は面接や観察によって、相談者がどのような心理状態にいるのかを把握します。
そして、相談者の性格の特徴や問題点を明確にして、適切な心理療法を行って、援助をしていきます。

また、抱える問題が相談者一人で解決できるものでない場合は、医療、家族、職場や学校にも協力を呼びかけて解決をしていきます。

自分自身のイメージをきちんと持っていて、自分自身や問題について考えを巡らせたり問題意識を有していたりする人だけでなく、現実に解決したいことがあり、心理的な要因も絡んであるものであれば援助の対象となり、臨床心理士のカウンセリング効果は期待できます。
ただし、相談者がカウンセリングに対して必要性を感じておらず、来談しない場合は、カウンセリング効果が期待できないこともあります。

しかし、相談者が主体的でなくても効果が出る時があります。例えば、不登校や引きこもりなどの場合は、ご家族との面接がきっかけになって問題が解決されることもあるのです。

臨床心理士の具体的な仕事

臨床心理士の活動領域は多岐にわたります。さまざまな領域で、心の問題のプロとして活躍しています。
具体的な仕事をまとめると、下記の通りになります。

【教育分野での仕事】
発達、学業、生活面などの問題に取り組みます。学校内の相談室などで働き、不登校の生徒や保護者、教師への専門的な助言を行っています。教育相談所や適応指導室で勤務している臨床心理士もいます。

【医療・保険分野】
うつ病などの心の問題で不適応に陥っている人への病理や診断への査定補助のための検査や心理テストの実施などを仕事とします。病院や精神科といった診療所で働くこともあります。

【福祉分野】
子どもの心身の発達、非行、障害児・者、高齢者の問題などの福祉に関して、心理的側面からの援助を仕事とします。児童相談所や障害者作業所といった場所で働くこともあります。

【司法・矯正分野】
社会的処遇を決定するための心理的側面に関するテストや、矯正に向けての心理面談を行います。刑務所や裁判所、少年鑑別所などで働くこともあります。

【労働・産業分野】
就業の相談に乗ったり、職業生活遂行のために職場内でのコンサルテーションを行ったりします。企業内相談室やハローワーク、安全保健センターなどで働くこともあります。

働きながら臨床心理士になるには

臨床心理士になるには、臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格する必要があります。
ただし、この試験を受けるには受験資格が必要です。

【主な受験資格】
・指定大学院(1種・2種)を修了していて、2種の大学院ならば1年以上の実務経験がある者
・臨床心理士育成に関する専門職大学院を修了した者
・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、日本で心理臨床経験2年以上を有する者
・医師免許取得者で、心理臨床経験2年以上を有する者

大学卒業ではなく、大学院卒業の必要があります。
臨床心理士資格認定協会が指定する大学院(第2種)によっては、1年以上の実務経験が受験資格に必要になる場合がありますので、さらに注意が必要です。

2017年4月に臨床心理士資格認定協会が出したデータによると、第1種指定大学院は日本全国で159校存在し、第2種指定大学院は9校のみとなっています。
近くに第1種指定大学院があるなら、第1指定大学院を卒業するのが臨床心理士を目指す一番早いルートになるでしょう。
しかし、働きながら大学院に通うのは難しいものです。
そういった社会人から臨床心理士を目指す人のために、夜間も開講している大学院や通信制大学院もありますから、そちらで学ぶことも視野に入れましょう。

上記のような、第1種大学院として認められている大学院への進学にかかる学費の一例としては、以下のようになっています。

【某2年制大学院教育人間科学研究科心理学専攻博士前期課程の場合】
入学金:29万円
授業料:51万5千円
施設設備料:5万円
教育活動料:4万6千円
合計:90万1千円

また、臨床心理士の試験を受けるには以下の費用も別途発生します。

【臨床心理士の試験にかかる費用】
試験申請費:1千5百円
審査料:3万円
合格後の登録料:5万円

働きながら指定大学院の受験準備をするには

臨床心理士になるには、指定の大学院や専門職大学院に通わなくてはなりません。
まずはそうした大学院への進学準備が必要と言うことです。
もし、心理学を学んだ経験がなくてそうした大学院を目指すのであれば、心理学のスクールや教室で学んだり、通信講座などを受講したりといった道があります。

また、スクールや教室に通うメリットとしては、一緒に資格の取得を目指せる仲間が見つかる、個人だと煩雑になりがちな勉強のスケジュール管理やモチベーションの維持などもしやすい点があります。

(監修:臨床心理士 松田正子)