どうしたら取れる?心理学の基礎資格「認定心理士」 | ケイコとマナブ.net

どうしたら取れる?心理学の基礎資格「認定心理士」

臨床心理士へのステップアップとしても活用できる「認定心理士」。臨床心理士のように、認定心理士という職業があるわけではありませんが、心理系の資格として認定心理士を持っておくことで、いろいろな場面で役立ちます。今回は、認定心理士という資格がどのようなものか、取得方法や取得するメリットなどについてご紹介します。

心理のスタート資格「認定心理士」とは

認定心理士は、心理学の基礎資格です。民間資格のひとつで、「大学などで心理学の基本的な知識を学んでいること」「標準的な基礎技能があること」を証明することができます。
認定心理士という職業があるわけではないため職能資格ではありませんが、心理学を学んだことの証として取得する人も多い資格です。

名前が似ているが大きく異なる!「臨床心理士」との違い

認定心理士と似ている資格に「臨床心理士」という資格がありますが、この2つは似ているようで大きく異なります。どんな点が違うのでしょうか。

・臨床心理士とは

臨床心理士も、認定心理士と同じく民間資格であり、「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が管轄しています。
臨床心理士は、心理学系の資格の中でも社会的認知度が高い資格と言われており、「臨床心理士」という名前で仕事をすることも可能です。学校や会社などに常駐するカウンセラーとして勤務したり、心療内科などで専門知識を活かしてカウンセリング業務に携わったりする人も多い資格です。

・認定心理士と臨床心理士の違い

ふたつの資格の大きな違いは、資格要件です。認定心理士の要件は4年制大学を卒業していること、であるのに対し、臨床心理士は、心理系の大学院で学んだこと、となっています。
また、認定心理士は資格取得のための試験はありませんが、臨床心理士は試験に合格しなければなりません。さらに、仕事に直結している資格かどうかという点も大きく異なります。

「認定心理士」資格の3つのメリット

認定心理士という資格は、取得することが比較的簡単なため、あまり持っていても役立たないのでは、と感じる人もいるかもしれません。しかし、認定心理士の資格を持つことには大きなメリットがあります。

・臨床心理士や臨床発達心理士へのステップアップにつながる

臨床心理士や臨床発達心理士の資格を取得するためには、基本的には所定の学科がある大学院で修士課程を修了することが条件となります。
所定の大学院に入学する際、大学院の受験要件として、認定心理士である必要はありませんが、同等レベルの知識があれば、所定の大学院受験に役立つでしょう。認定心理士は、臨床心理士や臨床発達心理士の資格につながるステップアップの意味合いがあります。

・仕事上で評価が高まるなど、役に立つことが多い

認定心理士は直接仕事につながるものではありません。しかし、認定心理士の資格を有しているということは「心理学の基礎知識があり、基礎技能がある」ということを表すため、心理学の知識が活かせる部署では評価の対象となることもあります。
また、心理学の基礎知識を有していることで、人事や総務などの社員の相談に乗ることが多い職場や、患者さんのケアが求められる看護師などの仕事では、学んだ心理学のスキルを活かして仕事をすることができます。

・心理学を学んだことを証明できる

就職活動や転職活動の際には、履歴書に学歴を記載します。心理学科など、心理学に関連した学科に在籍していたのなら、履歴書を見ただけで「この人は心理学について学んでいる」ということが明らかです。
しかし、心理学を学ぶ学科が必ずしも「心理」という名前がついているわけではありません。また、あまり関連がない学科に在籍していたとしても、単位の取り方によっては認定心理士の資格を取得する要件を満たすこともあるでしょう。
このように、履歴書や経歴などから一見わかりにくい場合でも、「認定心理士」という資格を持っていることを示せれば、心理学についての基礎知識があるということを証明することができます。

「認定心理士」資格はどうすれば取得できる?

心理学の基礎を学んでいることを証明する認定心理士の資格ですが、どうすれば資格を取得することができるのでしょうか。認定心理士の取得方法についてご紹介します。

・大学や大学院で学ぶ

認定心理士の資格を取得するには、4年制大学で、心理学や教育心理学などの心理学系の単位を取得することが要件です。
単位を取得後、認定心理士資格の申請を行い、受理されれば資格を取得できます。社会人で忙しくて大学に通い直せないような場合でも、通信制大学に入学したり、夜間クラスに通ったりすることも可能です。

・大学在学中の申請も可能

大学を卒業する前に、就職活動などに使うために前もって資格を取得したいと考える人もいるでしょう。
その場合は、卒業前に申請しておき、仮認定を受けることが可能です。卒業見込証明書が発行できる状況であれば、仮認定の申請をすることができます。

・日本心理学会指定の心理学会員となる

大学で心理学系の科目を履修していないなど、上記の要件を満たさない場合でも、認定心理士の資格を取得することができます。
認定心理士の資格を発行している団体である「日本心理学会」に正会員として5年間在籍し、本務校で一定の科目の教員である場合は、資格申請が可能です。

認定心理士の資格は仕事に活かせるのか?

認定心理士の資格は職業には直結しませんが、資格を活かして働くことは可能です。認定心理士から臨床心理士にステップアップし、臨床心理士として働くほか、産業カウンセラーやキャリアコンサルタントなどほかの資格につなげることも可能です。
認定心理士として心理学の基礎知識があるため、別の心理系の資格も取得しやすいでしょう。複数のカウンセラー系の資格を取得することで、就職や転職にも有利になるかもしれません。

まとめ

認定心理士は、心理学の基礎を学んでいることを証明する資格です。それだけでは仕事に直結することはありませんが、臨床心理士を取得するための最初のステップとしても使えます。
それに、そこから産業カウンセラーなどの心理系資格を取得することにつなげることもできる資格です。

(監修:認定心理士 安藤はま子)