ハーブ香るミルフィーユカツレツ~ルバーブのソースを添えて~(ケイマナレシピ)

ハーブを使った料理

ハーブ

ハーブ香るミルフィーユカツレツ~ルバーブのソースを添えて~

ハーブを使ってみたいけど、どう使っていいのかわからない方におすすめ!

ハーブ香るミルフィーユカツレツ~ルバーブのソースを添えて~

※ハーブは生のものでもよいですが、乾燥のものの方がより香りがたちます。
レシピではホールのものを使用していますが、乾燥のみじん切りされているものを使っても、おいしく仕上がります。

刻んでパン粉に加えるだけの簡単香草パン粉を使ったカツレツです。
今回は、手軽に手に入りやすいイタリアンパセリ、喉の炎症や花粉症などに良いタイム、お肉との相性のいいオレガノ、若返りのハーブといわれるローズマリーの4種類を使いました。

ソースの決め手は豚肉とも相性のいい、甘酸っぱくさっぱりとしたルバーブです。
ルバーブはよくジャムにして保存されており、お通じを良くする効果があります。

香草パン粉は、お魚やグラタン、トマトなどに乗せて焼くだけで、香り高い一品が作れてしまう便利食材です。お好みのハーブを見つけてオリジナルのブレンドを楽しみましょう。

材料(2人分)

  • 豚ロースしゃぶしゃぶ用
    200g
  • 塩・黒こしょう
    少々
  • 小麦粉
    大さじ2
  • 溶き卵
    1個分
  • Aイタリアンパセリ
    小さじ1
  • Aタイム(乾)
    小さじ1
  • Aオレガノ(乾)
    小さじ1
  • Aローズマリー(乾)
    小さじ1
  • A粉チーズ
    大さじ1
  • Aパン粉(細かめ)
    1カップ
  • B赤ワイン
    大さじ1
  • Bバルサミコ酢
    小さじ1
  • Cルバーブコンポート
    大さじ1
  • Cラズベリージャム
    大さじ1

作り方

  1. 香草パン粉Aのハーブ※をみじん切りにし、バットにハーブ、粉チーズ、パン粉を入れてよく混ぜる。

    POINTローズマリーとタイムは茎が硬いので葉を摘み取って使う。

    1
  2. 豚肉を一枚ずつ広げ、7~8枚重ねて層にする。
    長さを半分に切り、ばらばらにならないように軽く押さえながら形を整え、表面に塩・こしょうする。

    2
  3. 小麦粉・溶き卵・香草パン粉の順に衣をつけ、170℃の油で揚げる(5~6分)。

    3
  4. ソースを作る。
    別の鍋にBを煮立て、アルコール分を飛ばし、粗熱を取る。
    そこへCを加え混ぜ合わせる。
    器にカツレツとソース、付け合せを盛る。

    POINTソースは召し上がるときに付けると、衣のさっくり感が味わえます。

    4
片山愛沙子

片山愛沙子

職業:
フードコーディネーター、料理教室講師

管理栄養士であり、大学在学中から学生アスリートの栄養指導・栄養管理に携わる。卒業後は保育園に勤務。園児たちの栄養管理やアレルギー除去食の考案・提供だけでなく、食育を通して食の楽しさや大切さを伝える。
退職後、フードコーディネーターの養成学校に入学。卒業後は、レシピ本やTVドラマの劇中料理のアシスタントを経験。現在はカタログやレシピ本などのスチール撮影のフードコーディネートをしながら、料理教室の講師を務める。