件が資料請求リストにあります

音楽療法講座

音楽療法の習い事は、音楽の特性を使って病気や障がい、問題行動などを良い方向へ変化させる手段をもっています。またこれらのことは音楽療法の治療手段、 目的であり対象者へむけての音楽活動でもあります。その他にも、日頃のストレスを解消する役割ももっています。自分が落ち着きたいときやモチベーションアップしたい時に好きな音楽を聴くことで効果をもたらしてくれます。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の音楽療法講座を見る

通学講座を探す体験レッスンを探す

音楽療法講座に関するコンテンツ

  • 音楽療法士になるには
    音楽療法士といっても、さまざまな手法や、対象があります。これから音楽療法士を目指す人のために、音楽療法士になる方法を紹介します。
  • 音楽療法士の仕事内容とは
    音楽療法とは、心身の健康の回復や向上を促すために効果的に音楽を利用することです。まだまだその名前も知られていない音楽療法士ですが、どのような仕事で、将来のキャリアプランはどのようになっているのでしょうか。ここでは、音楽療法士の仕事内容をご紹…
  • 音楽療法士の待遇・給料・年収について
    音楽療法士といっても、医療や介護現場で音楽療法を行うのか、幼児や児童向けの育児教育に役立てるのかなど活躍する分野はさまざまで、幅広い活躍の場があります。医療や福祉の現場と教育では療養内容も変わってきます。ここでは、音楽療法士として就職活動を…

音楽療法講座に関する体験談

  • 年齢
    36才 性別 男性
    【受講してよかったこと】では実際にこの講座を受けてどういう良かった事があったかという身近に健康問題を抱えている人に音楽療法でかなり具合が良くなる事を教える事ができたのが良かったです。
    4.0
  • 年齢
    34才 性別 男性
    【受講してよかったこと】音楽理論では分からない「音楽が人に与える影響」が分かるようになりました。その結果、「この楽器をこういう風に使うと、聞いてる人がリラックスできるかも」と思うようになりました。
    3.0
  • 年齢
    24才 性別 男性
    【受講してよかったこと】実際に講座を受講してみて、その内容は想像した通り音楽とセラピーをいかに組み合わせるかといった授業であったので、自分の知っていたり興味関心のある部分も多くとても楽しく講座を受けることができたのが良かったです。
    4.0

体験談一覧

音楽療法

音楽療法の講座・資格講座とは

音楽療法とは日本音楽療法学会により「音楽の持つ生理的・心理的・社会的働きを、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上に向けて、意図的、計画的に活用して行われる治療的、教育的技法」と定義されています。その効果は多岐にわたり、ストレス解消や、集中力のアップ、また認知症の予防にも効果を発揮しています。音楽療法の講座では音楽療法に関する高い知識と技術を実習などの実践的授業も通して学ぶことができます。音楽療法に関する資格には、日本音楽療法士学会による認定資格「音楽療法士」があります。資格取得のためにはいくつかの条件がありそれを満たした人が筆記試験を受けることができます。資格取得のための講座では、試験対策に的をしぼったカリキュラムが組まれています。

音楽療法の講座・資格講座のメリット

音楽療法は、音楽の持つ力を利用して心理療法に関する知識、臨床経験をもとに、患者さんの心のケアを目指しているものです。そのため音楽の知識と共に、心理学的な知識も不可欠です。音楽療法の講座では、経験豊富な心理カウンセラーを講師にむかえ、座学と実習を通じて音楽療法に必要な心理学やカウンセリングの知識を学ぶことができます。実践をふまえないと身に付かないことが多い内容なので、講座で学ぶことは大きなメリットとなります。音楽療法資格の講座では、介護や社会福祉についてのカリキュラムもあり、資格取得に必要な知識を体系的に学ぶことができます。またギターの弾き歌いなど、実際の現場でも行う音楽的な技術も実践を通して身につけることができます。

音楽療法の講座・資格講座探しのポイント

音楽療法を学ぶことができるのは、音楽系の専門学校や教室が主になります。音楽療法士の資格取得を目指す場合は、日本音楽療法士学会の認定校を選ぶと良いでしょう。資格の受験資格を満たすことができる上に、試験対策に対応したカリキュラムが充実しています。現在医療職や介護職で働いていて、さらに業務に音楽療法を取り入れたいと考えている人の場合は、自分が取り入れたいと思うメソッドを学べる講座を探しましょう。また実習が充実している講座を選ぶと、実際の業務に活かす際に役立つでしょう。音楽療法はまだまだこれから広がっていく余地のある療法です。講座を卒業してからも新しい知識を得るためのサポート体制がある講座を選ぶと、常に最新の音楽療法の知識を得ることができます。

 

ケイマナニュース!

音楽療法学校の検索 / ケイコとマナブ.net