スポーツトレーナーの待遇・給料・年収について | ケイコとマナブ.net

スポーツトレーナーの待遇・給料・年収について

スポーツトレーナーは1つの職業のことを指すのではなく、柔道整複師やアスレティックトレーナーなど、さまざまな職業の人に使われる呼び名です。そのため、待遇や給料についても職業やその仕事内容によって異なります。
今回はスポーツトレーナーに関連している職業の給料や年収・待遇などについてご紹介します。

スポーツトレーナーの給料・年収について

スポーツトレーナーの就職先として多いスポーツジム、フィットネスクラブを始め、プロスポーツチーム、整骨院、医療機関で働く人の給料・月給・年収についてまとめました。

【スポーツジム】

月給は地域や企業によって異なりますが、一例としては15~50万円+各種手当という企業があります。

【医療機関】

医療機関にてリハビリや理学療法業務に従事する場合、スポーツジムなどで働くよりも高月給となる場合もあります。また、理学療法士や柔道整復師という資格を取得している場合、新卒・既卒に拘わらず初任給30万円~という条件の求人もあります。

【整骨院】

鍼灸師・柔道整復師といった国家資格を取得した人の中には、整骨院、スポーツ鍼灸院などへ就職を希望している人もいます。初任給は一般的に20~25万円前後だといわれています。
整骨院でも受付や補助といったパートやアルバイトであれば、未経験OKの求人もありますが、国家資格を取得している方が給料は高くなるでしょう。

【プロスポーツチーム】

柔道整復師や鍼灸師・アスレティックトレーナーなどの資格を持っている場合、プロスポーツチームや、オリンピック選手の専属トレーナーとして採用される場合もあります。
そういった場合の月給はもちろん高額となり、年収1,000~2,000万円ほどになることも珍しくありません。
しかし、プロスポーツチームの専属トレーナーなどに採用される人のほとんどは医療系の国家資格を取得しているケースも多く、一定の実力、実績、経験が必要になるといえます。

スポーツトレーナーと同業界の別職種

さまざまな資格を取得した人がスポーツトレーナーとして働いていますが、下記で紹介する職種は国家資格や、受講資格に特定団体の推薦が必要になる資格です。

例)
・柔道整復師
・理学療法士
・アスレティックトレーナー

柔道整復師と理学療法士は、国家資格となっています。そのため、資格の取得には厚生労働省指定の専門の養成施設などに通う必要があります。

また、アスレティックトレーナーは国家資格ではありませんが、受講資格に以下のようなものがあります。

受講する年の4月1日現在満20歳以上の者で、公益財団法人日本体育協会加盟団体、または公益財団法人日本体育協会が特に認める国内統轄競技団体が推薦し、公益財団法人日本体育協会が認めた者

スポーツトレーナーという独立した資格が存在しない以上、医療系の国家資格やアスレティックトレーナーなどの難易度の高い資格を取得すれば、待遇の向上につながることもあるのではないでしょうか。

スポーツトレーナーの待遇(休日)について

休日は施設や勤務先によって異なるものの、基本的に土日祝もしくは、シフト制の週休2日であることが多く、大きな病院などでは夜間勤務がある場合もあります。

また、プロスポーツ選手(アスリート)に専属で就く場合や、プロスポーツチームで働く場合は、休みが不定期になることもあります。

給料や待遇は会社や施設によってさまざまですので、スポーツトレーナーとして長く働いていけるように、自分が納得できる待遇・環境を用意してくれる職場をじっくり探してみるのもいいかもしれません。