ファッション講座

ファッションの習い事は、おしゃれに興味がある方はとても楽しめる習い事です。ファッションのセンスが良くなりますし、いろいろな服が着たくなります。習い事として習うことで、自分が着ないようなファッションにも興味が出てきます。また、自分が持っている服の中で、何と合わせたらいいのか分からない服も合わせ方がわかってきます。

ファッションを学ぶ上でのポイント

ファッション学校・ファッションスクールとは

ファッションに興味がある人が一度は通ってみたいのが、ファッション学校・ファッションスクールです。ファッション学校・ファッションスクールでは、ファッションに関わるさまざまな勉強をすることができます。ファッションに関わる仕事は、デザイナー、パタンナーといった作成をする側、アドバイザー、スタイリスト、バイヤーといったファッションを提案し販売する提案者や売り手の側まで幅広くあり、それぞれに専門の知識とスキルを持つ必要があります。 これらの必要に応じてしっかりと学ぶことができるのが、ファッション学校・ファッションスクールです。ファッション学校・ファッションスクールのカリキュラムは実に多彩。現在のファッションのことだけでなく、歴史や、生地のこと、スタイルのことなど作り手のカリキュラムだけでもたくさんあります。また、これが洋装だけでなく、和装や他国の民族衣装などに特化した学校もあります。

ファッション学校・ファッションスクールのメリット

ファッション学校・ファッションスクールでは、まず洋裁か和裁かによって学ぶスキルが変わってきます。同じスタイリストを目指す場合でも、洋服の着こなしのベースになる知識と和服の場合の知識は異なるからです。服装はその時のTPOに合わせたスタイルでなければなりません。そのため必要な知識を総合的に学べるのが、ファッション学校・ファッションスクールです。 また、ファッションの場合は、洋服だけでなく、カバンや靴などの装飾品についての知識も必要です。和服の場合は小物だけでなく、着付けについても知っておく必要があります。しかもこれらは一方だけを学べばよいというものではなく、洋装も和装も知っていることで、幅がひろがります。 ファッションの分野のさまざまな知識やスキルを学び、実際に体験をするというポイントを抑えられるのが、ファッション学校・ファッションスクールです。

ファッション学校・ファッションスクール探しのポイント

まず、自分がどのような観点からファッションに関わりたいかを考えます。ファッション学校・ファッションスクールでは、総合的にさまざまなカリキュラムを持っているところもあれば、専門的に学べるところもあります。デザインをするのであれば、ある程度の知識を得た後に、全問的にデザインのトレーニングができる学校がよいでしょうし、服を仕入れて売ることに興味があるのであれば、ファッションだけでなく、経営などの幅広い知識が学べるところがいいでしょう。 ファッションと一言で言っても、幅が広い分野だけに、浅く広く学ぶ知識と狭く深掘りする知識を自分なりに決めて、それにぴったりのカリキュラムを持つファッション学校・ファッションスクールを選びましょう。

ファッション学校の検索 / ケイコとマナブ.net