スタイリスト講座

スタイリストの習い事は、プロのスタイリストとして活躍したいという人から、店舗で販売員として働いている人までファッション関連の職業についている人やその業界を目指す人が受講している習い事です。講座ではどのようにスタイリングをするかはもちろん、タレントやモデルをどのようにイメージづけていくか、ファッショントレンドを分析する能力も養っていきます。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国のスタイリスト講座を見る

通学講座を探す体験レッスンを探す

スタイリスト

スタイリストとは

スタイリストとは、テレビや雑誌などで活躍するタレントやモデルの服装や小物などをコーディネートする仕事です。 スタイリストには、スタイリスト事務所に就職するスタイリストと、フリーランスで働くスタイリストがいます。仕事内容はどちらも変わりませんが、スタイリスト事務所で経験を積んだあと、フリーランスになる方が多いようです。 スタイリストは、具体的にはクライアントとの仕事の打ち合わせ、衣装や小物のリースの手配、実際のコーディネートなどを行います。一般的な会社員とは違い、勤務時間がはっきり決まっていないことが多いため、大変な仕事ですが、それだけやりがいが多く、魅力的な仕事だと言えるでしょう。

スタイリストになるには

スタイリストになるためには、服飾系の専門学校、短大、大学などを卒業しておくと良いでしょう。 就職に有利なだけではなく、スタイリストの現場では専門用語、洋裁やメイクなどファッション全般に関する知識が求められますので、スタイリストになる前にこれらの能力を身につけておけることはプラスになります。 学校を卒業後、スタイリスト事務所やフリースタイリストのアシスタントとして就職し、経験を積んでからスタイリストになるのが一般的です。 スタイリストになるために特別な資格は必要ありませんが、カラーコーディネーターやパーソナルカラー検定、ファッションビジネス能力検定など、色彩やファッション業界に関する知識を証明できる資格を取得しておくと良いでしょう。

スタイリスト講座探しのポイント

スタイリスト講座を探す際には、 1.ファッション業界への就職率 2.講師の実績 3.資格試験へのサポートの充実度 の順番に、チェックしておくと良いでしょう。 まずチェックしておくべきなのが、ファッション業界への就職率です。ファッション業界はどちらかといえば閉鎖的な社会といわれているので、人脈が大事です。就職率が高いということは、それだけファッション業界に人脈を持っている講座だといえますので、しっかりとチェックしておきましょう。次に講師の実績です。できるだけファッション業界に長く在籍し、実績を残している講師がいる講座を選ぶべきでしょう。繰り返しになりますが人脈が大事な社会であるので、こういう講師がいると就職などに有利に働くことがあります。最後に、資格試験へのサポートの充実度もチェックしておきましょう。必須の資格がないのですが、やはり就職の際には資格がポイントになることもありますので、どれだけ講座で資格取得をサポートしてくれるかもチェックしておきましょう。

 

ケイマナニュース!

スタイリスト学校の検索 / ケイコとマナブ.net