靴職人講座

靴デザイナー・靴職人の習い事は、業界のプロに学び、オリジナルシューズを完成させるまでを学べます。 靴づくりの基礎知識を身につけ、最初はフラットシューズやプレーンパンプスの制作をおこないます。革や工具に慣れ、パンプスの甲革を作り、つりこんで靴を完成させるといった一連の流れを身につけ、靴デザイナー・靴職人としての技術を身に着けることが可能です。

ご希望のエリアを選択してください 通信講座をお探しの方はこちら

エリア選択
川崎市

神奈川県 川崎市

沿線・駅から探す

北九州市

福岡県 北九州市

沿線・駅から探す

名古屋市

愛知県 名古屋市

沿線・駅から探す

相模原市

神奈川県 相模原市

沿線・駅から探す

さいたま市

埼玉県 さいたま市

沿線・駅から探す

横浜市

神奈川県 横浜市

沿線・駅から探す

全国の靴職人講座を見る

靴デザイナー・靴職人

靴デザイナー・靴職人とは

靴はファッションの重要な要素であり、また足を守る実用的な役割も担っています。そんな靴をデザインし、作り上げるのが靴デザイナーと靴職人の仕事です。 靴デザイナーは靴の用途に合わせて、ファッション性や機能性、安全性を考慮して靴をデザインします。靴職人は、デザインから企画、皮の裁断や縫製、木型の作成などの数々の工程を経て靴を作る仕事です。靴メーカーでは各工程を分業することが多いので、全ての工程を1人で担うことは少なくなっていますが、独立して工房を持つ靴職人の場合は1つの靴を作り上げるための全工程を1人で行うこともあります。 主な就職先は、靴メーカーや服飾メーカーです。実務でスキルを積んで独立・開業する事も可能です。

靴デザイナー・靴職人になるには

靴デザイナーや靴職人になるために必要な資格は特にありません。靴メーカーや服飾メーカーなどの企業に未経験で就職して、実務を経て知識や技術を学んでいく人もいます。 靴デザイナーを目指す場合は、服飾系の学校や専門学校でファッションの基礎を学んでいると有利でしょう。靴職人の場合は、多くの靴メーカーでは分業体制をとっているため、全ての靴作りの工程を実務で学ぶことは難しいのが実情です。将来独立したいと考えている場合は、専門学校や教室で靴作りの全体像を学ぶと良いでしょう。 また工房をかまえる職人に弟子入りしたり、海外の靴工房で学ぶ方法もありますが、修行期間中は無給あるいはかなり低い賃金になることが多いので、事前の確認が必要です。

靴デザイナー・靴職人講座探しのポイント

靴に特化した専門学校や教室がありますので、インターネットや資格関連の書籍で調べてみましょう。また、服飾系の専門学校に靴デザイナー、靴職人のコースが設けられているところもありますのでチェックしてみましょう。 いくつか候補が決まったら、まずは見学へ行き、実際の雰囲気を確認します。また、卒業生の就職実績、作品を調べるのもおすすめです。どのような作品を作っているのかを確認することで、自分に合う学校・教室なのかどうかの判断材料になります。また就職実績によって学んだことが今後に活かせるのかを判断することができます。 課題の量やカリキュラムもしっかりと確認し、自分に合う学校・教室なのかを見極めましょう。

 

ケイマナニュース!

靴デザイナー・靴職人学校の検索 / ケイコとマナブ.net