ネイルサロンはシフト制の勤務が多い

1日の仕事の流れ

ネイルサロンで働くネイリストの大半は、シフト制で働いています。

大手のネイルサロンでは、午前中に開店し、閉店が21~22時というところが多いようです。

早番の場合、出勤はオープンの1時間ほど前。

サロンの清掃、その日の予約状況の確認、ネイル用具の手入れ、ジェルやネイルエナメルなどの補充などを行います。

お客様がいらっしゃったら、施術へ。

要望をヒヤリングしながら、色やデザインなどを提案します。

爪のお手入れから、ジェルネイルやネイルアートまでを施すと、1時間30分~2時間程度。

ネイルエナメルの場合は60分程度、ハンドケアやフットケアは40~60分程度の施術時間です。

衛生管理もネイリストの大切な仕事。

施術が終わるごとにネイル用品の消毒や、テーブル周りの清掃を行います。

他にも、電話での予約への対応、在庫の確認や発注などもこなします。

早番の人が仕事を終える際には、お客様への対応で気づいたことなどを、遅番のスタッフに申し送りします。

遅番の人は、サロン閉店まで勤務。

営業が終了したら、スタッフミーティングを行い、その日の振り返りをします。

清掃やネイル用品の整理が終わったら、サロンを後にします。

また、技術アップのための練習も重要。

開店前や閉店後の時間にスタッフ同士で練習することもありますが、サロンによっては勉強会などを開いているところもあります。

勤務時間と休日

勤務時間は、正社員、契約社員、アルバイトなどの勤務形態によっても異なりますが、社員の場合は8時間程度。

その間に施術するお客様は、3~5人ほどです。

お客様の予約状況によって休憩をとる時間は異なりますが、休憩時間は1時間程度です。

土日はお客様が多く来店するので、休日は平日になるサロンが多いようです。

シフト制で勤務している場合は、休日をとる際にある程度融通のきくサロンもあります。

自分でサロンを開いている場合には、「育児や家事の合間に平日昼間だけ」「週末だけ」など、勤務時間や休日を自分のペースで決められるのも魅力です。