ネイリストの仕事内容とは | ケイコとマナブ.net

ネイリストの仕事内容とは


ネイルサロンやヘアサロンで、お客様のネイルに施術をするのがネイリストの仕事です。
指先の美を生み出すために欠かせない存在ですが、具体的にはどのような仕事やキャリアプランがあるのでしょうか。

ネイリストの仕事内容について

ネイリストの具体的な仕事には、以下のようなものがあります。

  • ネイリストの仕事内容 例)
    ・ネイルケア
    ・ネイルアート
    ・ハンドケア
    ・爪の補修や矯正
    ・ワークショップの開校

ネイリストといっても、1日を通じてネイルアートのみを提供しているわけではありません。

ネイルを美しく発色させたり健やかな指先を保つためには、爪や指先周辺のケア、ハンドマッサージが欠かせません。


また、割れてしまった爪を保護するための作業や理想的な爪の形を手に入れるための矯正などもネイリストの仕事です。

経験を積んでスキルを磨くと、講師としてワークショップを開講する機会もあり、トップネイリストになるほど多種多様な仕事をこなせるようになります。

ネイリストの魅力(やりがい)

ネイリストの魅力や、やりがいとしては以下のようなものが存在します。

  • ネイリストの魅力(やりがい) 例)
    ・美しいネイルを見たお客様に喜ばれる
    ・お客さまから指名されると嬉しい
    ・目標を持って仕事ができる
    ・手に職をつけることができる

ネイリストのやりがいは、お客様の指先を美しくすることで喜んでもらえる点です。
指先は自分の体のなかでもとくに視界に入りやすいため、ネイルをしている間は外見の美しさだけでなく内面からも元気や美意識を感じやすいといいます。

また、ネイリストとしての実務経験を積むことで独立開業や理想の働き方を実現していくことが可能です。
目標を持って仕事に取り組みやすい職種なため、毎日のモチベーションも維持しやすいでしょう。

ネイリストの一日の流れ

ネイリストの一日の流れは、店舗の予約状況などによっても変化しますが、ここでは、ネイリストの一日の流れの一例をご紹介します。

出勤

開店準備

お客様の来店:お客様と相談しながらネイルケアやネイルアートなどのネイルサービスを提供します。

休憩:予約状況によって休憩時間は前後します。

お客様の来店:お客様と相談しながらネイルケアやネイルアートなどのネイルサービスを提供します。

清掃

退勤

ネイリストを通じて身につくスキル

ネイリストを通じて身につくスキルは、実用的なスキルと、心のスキルです。具体的には、以下のようなスキルが身に付きます。

・ネイルアートやファッションに関する専門的な知識と技術
ネイルケアやネイルアートをつうじてお客様へ美を提供し、サロン業界やファッション業界の知識を高めることができます。

・コミュニケーションスキル
施術中はお客様が退屈しないよう会話をする機会が多いようですが、お客様の性格に合わせて対応する場合もあり、ひとりひとりのお客様に合ったコミュニケーションのとり方が自然と身につきます。

・相手の希望をネイルアートで表現する想像力
店舗のメニューにあるネイルアートのほか、オーダーでネイルアートを手がける機会も多くあります。ネイリストはお客様の言葉から理想のデザインや雰囲気を察知して形にしなければならないため、豊かな想像力が養われやすいでしょう。

ネイリストの将来について(キャリアプラン)

ネイリストはサロン業界の数ある職種のひとつですが、現在穏やかに店舗数が上昇しています。
ファッションや美容に関するサービスは時代とともに形こそ変わっていっても、需要が絶えることはないサービスです。
ネイリストとしてのスキルを高められると、フリーランスとして訪問サービスや出張サービスを始められたり、自分の店舗やスクールを構えたりといったことも可能です。

ネイリストに適した服装とは

ネイルケアやハンドケア、ハンドマッサージも行うネイルサロンなどでは、ネイリストは専用の制服を着用している場合が多いです。
店舗の方針によっても服装は異なりますが、エステティシャンのように白衣やエプロンなど清潔感を感じられる制服を着用する店舗がほとんどです。

ネイリストの大変なこと

スキルがお客様からの指名にもつながるネイリストは、失敗があったときや厳しい言葉をかけられたときに大変さや不甲斐なさを感じてしまいやすいようです。
また、スタッフ同士でスキルの差が出てしまう場合もあるため、自分と他のスタッフを比べてしまう場面もあるかもしれません。

そのほか、覚える技術や専門用語などが多く、大変さを感じる場合があるようです。
困難な壁にぶつかったとき、挑戦する気持ちや初心、目標を大切にする気持ちが重要です。