ネイリストの待遇・給料・年収について | ケイコとマナブ.net

ネイリストの待遇・給料・年収について

ネイリストと一言でいっても、ネイルサロンに勤務する場合や、フリーランスで働くスタイルなどに分けられます。
ネイリストとして就職活動をする前に、働き方に応じた待遇や給料、年収などについてよく知っておきましょう。

ネイリストの月給・年収について

ネイリストという仕事は、個人の実力が大きく関わってきます。それにともない、月給・年収も大きく変わります。

完全歩合制のネイルサロンもあれば、お客さまからの指名により基本給にインセンティブが加算される店舗もあるようです。
完全歩合制の場合、ネイルサロンによって異なりますが、売り上げの4割から5割程度の給与があり、指名客がつけばさらに加算されます。

また、月給制の場合、こちらも各ネイルサロンによって変動がありますが、基本給20万円に歩合が加算されるなど、個人の実力で給与が上下するケースもあるでしょう。

ネイリストのアルバイトなどでは時給1000円からが多く、経験によっては1800円前後になることもあります。

ネイリストの平均的な年収としては200万円から300万円前後が多く、キャリアアップしていくことで年収も上がっていく場合がほとんどです。

ネイリストと同業界の別職種の待遇について

ネイリストと同業界の別職種に関しては、以下のような職種があります。

・ヘアスタイリスト
ヘアスタイリストは国家資格である美容師免許が必要な職種ですが、月給は20万円前後となっています。ただし、キャリアアップするにつれて40万円近い給与となるケースもあるため、将来性の高い職種といえます。

・エステティシャン
フェイシャルエステやボディエステを行うエステティシャンは、ネイリストと同様、必ず取得しなければならない資格はありません。月給は20万円前後でのスタートが多いですが、スキルによって昇給も目指せる仕事です。

サロン業界は需要が絶えない美容サービスを提供する業界です。
時代の変化にともなって美容や健康、ファッションなどのニーズは移り変わっていくため、より働く環境や待遇も、時代の流れやニーズとともに変化していくでしょう。

ネイリストの待遇(福利厚生)について

ネイリストの福利厚生で特有のものは、新入社員に対して研修センターなどで外部講習や練習会が開かれる制度です。
これにより店舗での施術の際、さまざまなお客さまに自信を持って対応ができるようになり、スキルアップ、キャリアアップにつながるでしょう。

また、社会保険制度や制服貸与、産休・育休制度が備わったネイルサロンもあります。

ネイリストの休日や繁忙期、夏休みなど

ネイリストの休日は月に8日前後が多いようです。

シフト制で勤務するネイルサロンが大半を占めていて、土日を含む祝祭日は必ず休めるわけではありません。

また、アルバイトの場合はダブルワーク可能な店舗も多く、休日を利用して他の店舗でネイリストとして働いて月の収入を上げることもできます。

夏季休暇制度を完備しているネイルサロンもあるので、自分の希望に合わせた勤務先を選びやすいでしょう。

サロン業界の福利厚生

サロン業界は女性が多く活躍する業界であることから、産休や育休、無料託児所の設置など、女性が働きやすい環境が整っている特徴があります。

また、規模が大きな企業ほど福利厚生が多い傾向があり、独立支援制度やヘアショー、コンテストなどの活動も盛んです。

ネイリスト開業・独立への道のり

ネイリストとして独立開業を目指す場合、以下のようなスタイルがあります。


例)
・訪問、出張サービスとして開業
自店舗を持たないため開業資金ほとんどありません。ただし、移動にかかる時間や費用は他のスタイルよりも多く、業務エリアなどを細かく規定する必要があります。


・ネイルサロンを開業
集客が見込める土地やサービスを決め、自分のネイルサロンを開業します。必要な設備や什器にかかる費用、広告宣伝費などで開業資金を確保する必要があります。


・ネイルスクールを開業
実務経験を積んでスキルを磨けば、スクール講師として自身が主宰するスクールを開校できます。開業資金を削減して講師活動をしたい場合は、公共施設やショッピングモールなどでワークショップを開く方法もあります。


ネイリストとして独立開業を目指す場合、ネイルサロンや美容サービスを提供する会社へ就職し、働きながら将来のビジョンを描いていけばより具体的な計画を立てやすくなるでしょう。
会社によっては独立支援や技術サポートを行っている会社もあるため、自分のキャリアプランに応じた会社選びが重要です。