なりたい顔別メイク方法 | ケイコとマナブ.net

なりたい顔別メイク方法

なりたい顔別メイク方法の基本

ここでは人気の高い「なりたい顔」別メイク法を紹介。

自分のなりたいイメージのメイクを真似することでメイク技術は向上します。

ここで紹介するイメージメイクを参考に、自分の個性に合ったアレンジメイクができるよう工夫してください。

好感度ナチュラルメイク

何もしていないようできちんと見える素肌感を演出

ナチュラルメイクのポイントは透明感のあるつるんとした明るい肌。

素肌のくすみ、色むら、毛穴をベースメイクで上手にカバーするのが基本です。

重要なのは、何もしていないようできちんと見えるさじ加減。

コンシーラーやコントロールカラーを上手に重ねながらも、あくまで「薄塗り」が鉄則です。

眉はなだらかで、太めのふんわりした仕上がりにするとナチュラルがアップ。

アイシャドウは肌馴染みのよい色を、目の際からまぶたの上側へぼかしながら広げて、自然な立体感をつけましょう。

アイラインはブラウン系のペンシルタイプで、アイシャドウとなじませながらさりげなく目もとを際立たせるのがポイントです。

目もとの色味を抑えるぶん、マスカラでまつ毛にボリューム感を出しましょう。

チークは血色の良い肌を演出するのが目的なので、ふわっと頬を染める程度に入れて自然な立体感と透明感を演出。

頬骨と口角を結ぶラインを基本に、自分の骨格を意識して色を乗せましょう。

面長なら頬の中心に、丸顔なら縦に長細く入れると、バランスが整い立体感がアップします。

リップは自分の肌色に合わせて、コーラルベージュやヌーディーなピンク辺りの肌馴染みのよい色をチョイス。

リップブラシで輪郭を丁寧に描くと、清潔感が出てオフィスメイクにも最適。

ビビット系のリップを使う場合は逆に輪郭をぼかして甘さを演出しましょう。

華やかパーティメイク

パールな肌質感と、一点豪華なポイントメイクで

パーティでは、ファッションに負けない華やかなメイクが似合います。

目もとはパール感のあるアイシャドウとアイラインで深みを演出。

口元もリップとグロスを重ね塗りしてジューシーなツヤ唇にすると、華やかさや色気が際立ちます。

ただし、すべてのパーツをしっかり仕上げてしまうと、古くさい印象に。

目もとで勝負するならチークやリップは同系色で抑えるなど引き算してメイクすると、印象的でありなながら全体のバランスもよく仕上がります。

また、露出の多いパーティファッションには、輝くような肌を演出することも大切です。

デコルテと顔の色味に違いが出ないよう気をつけて、透明感ある肌にしあげつつパールで輝きをプラスするとよいでしょう。

ただし、会場の明るさによってはパールやハイライトを控えめにしないと危険です。

夜のパーティや落ち着いた照明の二次会会場ではフラッシュをたく場合が多く、テカりやギラつきが目立つ写真が残ってしまいます。

この場合は、化粧下地からマットなものを選び、ローライトで立体感を演出するとよいでしょう。

日中室外の場合は自然光があたるので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

癒し系 愛されメイク

たれ目&涙袋で、甘さのある目もとを

癒し系愛されメイクのポイントは、たれ目と涙袋です。

アイメイクで目尻にポイントをもたせ、自然に目尻が下がった印象に仕上げましょう。

目の下の涙袋にはパール感ある明るめのベージュを入れて、ぷっくりと見せます。

ベージュの代りにピンクを持ってきても甘さが引き立ちます。

ただし目の下のくすみやクマが残っていると逆効果になるので、コンシーラーでしっかりケアを。

アイシャドウは目尻側を濃く入れ、アイラインは目尻側までのばして下げ気味に。

マスカラも上下まつ毛とも目尻側を重ね塗りすると、ナチュラルなたれ目メイクに。

一方、お人形さんのような目もとをめざすなら、まつ毛はセパレートさせながらしっかり上向きにカール。

マスカラでボリューム感を強調するとよいでしょう。

眉は左右の眉頭を少し離し気味にし、ふんわり太めの線を描くと柔らかな雰囲気がアップします。

クールな目ヂカラメイク

目もとの強さが決め手のクールビューティーメイク

印象的な目もとのクールビューティメイクには、色ではなくアイラインで目の縁取りを際立たせることが大切です。

アイシャドウはブラウン系などを使い、色味より自然な陰影を作ることにこだわりましょう。

目尻部分は、本来の目尻より横長にシャドウを広げて切れ長な印象に。

目頭はうっすら塗る程度で抜け感を作りましょう。

最後にまつ毛をしっかりカールさせマスカラで縦方向にボリュームを追加すれば、縦横に目のフレームが広がり、大きく目ヂカラのあるアイメイクの完成です。

このメイクは目元が決め手なので、チークやリップは主張させすぎないよう同系色でまとめるとよいでしょう。

血色が悪く見えない程度の落ち着いた色味を選んでください。

パウダリーファンデーションでマットな肌質感に仕上げると、よりクールさが引き立ちます。

ただし色味を抑えている分、平坦な印象にならないようハイライトやローライトを使って立体感の演出を。

落ち着いた色目のチークでも、ローライト効果が狙えます。

眉も切れ長な目元に合わせてシャープな印象に。

眉山までストレートに引き、後は自然に下げましょう。

ハーフ顔バービーメイク

メイクで彫りの深い顔立ちに変身

ハーフのモデルさんのように彫りの深い顔立ちに憧れる女性は多いもの。

日本人離れした顔立ちをメイクで演出するには、肌にメリハリある陰影をつけるのがポイントです。

頬と顎を結ぶラインにチークを、鼻の横とフェイスラインにローライトを入れましょう。

やりすぎは厳禁ですが上手にぼかして入れながら、鼻梁の高さと小顔を演出できるよう意識してください。

眉はブラウンのパウダーアイブロウと眉マスカラで、目と眉の距離を縮めるよう下がり眉に。

眉頭を少し内側にして太めのストレートを描き、目尻辺りから眉尻をスッと下げると小悪魔な印象になります。

アイシャドウとアイライン、マスカラも目尻側を濃くして大きくて少し垂れた目を作ると、彫りが深くてもキツさを感じさせません。

目元はブラウン系のアイシャドウのグラデーションで立体感を。

目尻側の目のくぼみに沿ってシャドウを入れると奥行きが出ます。

ボリュームあるまつ毛もハーフ顔の特徴なので、つけまつ毛を使うとよいでしょう。

目頭から少し離れた位置からつけまつ毛をつけて、長くて濃いまつ毛を演出。

マスカラも上下にしっかりつけて、バービーのような目元を作りましょう。

全てのパーツを濃くメイクするとバランスが悪いので、リップは肌馴染みのよいナチュラルカラーで。

髪の色や、目の色もカラーコンタクトを利用してブラウンに統一すると、よりハーフ顔に近づきます。