メイクアップアーティストの仕事内容とは | ケイコとマナブ.net

メイクアップアーティストの仕事内容とは

メイクアップアーティストは、化粧の専門技術者です。
人間の良さを引き出し、美しい姿を作り出すプロですが、どのような仕事内容やキャリアプランがあるのでしょうか。
メイクアップアーティストの仕事内容を詳しくご紹介します。

メイクアップアーティストの仕事内容について

メイクアップアーティストというと、結婚式や写真撮影など特別な場面の個人のお化粧を担当する人をイメージされるでしょうか、それともモデルさんにメイクをする人でしょうか。
実は、どちらもメイクアップアーティストです。メイクアップアーティストは、メイクを担当する人のことを言います。
メイクはさまざまな場面で必要とされており、雑誌やテレビなどのメディアに出演する時はもちろん、結婚式、さらには化粧品メーカーのデモンストレーションなどでもメイクが行われています。
メイクアップアーティストは、独立系(フリーランス)、テレビや雑誌などの撮影時のメイク担当、結婚式場専属のメイク担当兼介添人といった形で仕事をしています。
メイクアップアーティストは、アーティストという名前が付いているように、よりアート性の強いメイクをする人もいます。

メイクアップアーティストの魅力(やりがい)

メイクアップアーティストのやりがいの一例は以下の通りです。

  • メイクアップアーティストの魅力(やりがい) 例)
    自分がしたメイクで、幸せになってもらうことができる
    自分のメイクがお客様の要望とマッチすると喜んでもらえる
    イメージ通りのメイクをする技術で評価を得ることができる
    自分にしかない感性、感覚、持ち味を生かしたメイクができる メイクの技術は専門技能のため、手に職をつけることができる

メイクアップアーティストのやりがいは、メイクを通じて人を幸せにできるということです。
似たような道具を使い、メイクをしても、決して全く同じにはならないのです。
メイクには、メイクアップアーティストの感性や、感覚といった個性が反映されます。
そのため、自分の持っている個性を仕事に生かすことができる、創造性のある仕事です。

メイクアップアーティストの仕事を通じて身につくスキル

メイクアップアーティストの仕事を通じて身につくスキルは、大きく分けるとメイクのスキルと、それ以外のスキルです。

  • メイクアップアーティストの仕事を通じて身につくスキル 例)
    人を美しくメイクアップする技術
    メイクに関連した、お肌の手入れなどの専門知識
    お客様がどのようなメイクを望んでいるのか聞き取る技術
    メイクを時間通りに終わらせる計画性

メイクアップアーティストの仕事は、その名前の通りメイクが仕事の中心になります。
つまり、メイクの技術が、メイクアップアーティストとしての評価に直結するということです。
まずは、メイクの技術が仕事を通じて身につく一番のスキルと言えるでしょう。
それ以外には、コミュニケーション能力が身につきます。

理由としては、特に結婚式場などの場合、自分のしたいメイクをすることより、お客様の要望に沿ったメイクをするということが大事だからです。

メイクアップアーティストのメイク道具や服装について

メイクアップアーティストの基本的な道具をご紹介します。一般的に使われている化粧品もありますが、メイクアップアーティストならではの道具もあります。

  • <基礎化粧品>
    フェイスウォーター(化粧水)
    フェイスエマルジョン(乳液)
    クレンジングジェル(化粧落とし)

    これらは、メイクをする前に必須の基礎化粧品です。
  • <ベースメイク>
    リキッドファンデーション
    化粧下地(プライマー)
    コンシーラー
    コントロールカラー
    フェイスパウダー

    これらは、基本のメイクのための道具です。
  • <ポイントメイク>
    フェイスカラーパレット
    リップパレット
    リップグロス
    リップペンシル、アイブロウ
    マスカラ

    これらは、ポイントメイクに使うアイテムです。
  • <メイクアップアーティストならではのグッズ>
    メイク筆(24本など、太さや細さなどが違うプロ仕様)
    ダッカール
    ヘアブラシ
    ロールヘアブラシ
    リングコーム
    仕上げヘアブラシ
    ヘアウィッグクランプ
    ペーパーパレット

    また、メイクアップアーティスト自身の服装は、シンプルで動きやすい服装か制服ということが多いです。

メイクアップアーティストの将来について(キャリアプラン)

メイクの技術そのものは、さまざまな場面で必要とされています。
テレビや雑誌の他、ファッションショーといった分野から、写真館や結婚式場といった一般の個人向けサービスにおいてもメイクアップアーティストの活躍の場があります。
近年では、医療メイクなどの新しい分野が登場し、メイクそのもののあり方も幅広いものとなってきています。裾野が広がったということもでき、メイクアップアーティストといっても専門分化してきていると考えられます。
メイクアップアーティストになるということだけではなく、どのような分野を専門にしたいのか考えることが重要です。

メイク業界の他職種の主な仕事

メイク業界の他職種の仕事としては、以下のようなものがあります。

  • メイク業界の職種 例)
    ・美容師
    ・ヘアメイクアーティスト
    ・着付け師
    ・美容部員
    ・スタイリスト
    ・ショップスタッフ

美容師は、美容専門学校を卒業したのち美容師国家試験を受けて合格することが必要です。
また、ヘアメイクアーティストは、髪型のセットなどを主に担当します。
メイクに詳しいという点では、美容部員やコスメ用品のショップスタッフも関連業種となります。