理容師の待遇・収入について | ケイコとマナブ.net

理容師の待遇・収入について

理容師は、働く職場や経験の有無や技術やスキルの高さによっても待遇や給料が変動する仕事です。

理容師の収入について

理容師の仕事は、指名の有無やお客さんの数によっては待機時間が発生する可能性の高い職業です。そのため、多くの職場ではシフト制を採用しています。

シフト制で時給制の場合、1000円前後の時給になるケースがあります。

また、正社員は月給で給与を決めている職場も存在します。
月給の場合、25万~35万円あたりが相場のようです。

職場によっては、指名料などを歩合として支給している職場や、完全歩合制で指名のあった分だけ給料を支払うという形を取っている職場もあります。

理容師と近い職業の待遇について

理容師と近い職種には、以下のようなものがあります。

  • 理容師と近い職業 例)
    ・美容師
    ・ネイリスト
    ・アイリスト

美容師は、業務内容や必要な資格に違いはありますが、共通する部分も多いため、給料に関しても大きく差は出ないようです。

ネイリストやアイリストは、ネイルサロンやアイサロンなどで働く人たちのことを指します。
ネイリストやアイリストの場合、時給で働くケースと月給で働くケースの両方があり、時給の場合は1000円前後、月給の場合は25万円前後になるようです。

また、アイリストの仕事をする際には美容師の免許が必要になります。
興味のある職種がある人は、必要となる資格についても忘れず調べておくようにしましょう。

理容師の職場や休憩時間について

理容師の職場の特徴として、私服で働ける店舗が多い点が挙げられます。そのため、自分の好きな服装で働けます。
ただし、理容師の仕事はあくまでも接客業であるため、清潔感のある、お客さんを不愉快にさせない服を着る必要はあります。

また、職場によってはお昼休憩に加えおやつを食べる休憩時間を設けているところもあるようです。
理容師の仕事は一日中立ちっぱなしの仕事になるため、少しでも快適に働けるようにと制度を用意する店舗が多いのではないでしょうか。

理容師の休日や繁忙期、夏休みなど

理容師の場合、サービス業となるため勤務している職場の休日に合わせてシフト制で休日が決められている場合が多いです。
職場によっては、夏休み、冬休みといった長期休暇を制度として設けているところも存在しますが、就職前に条件を確認することをおすすめします。

理容師と美容師の違い

理容師と美容師の仕事内容は似ていると思われがちですが、両者の資格は別物として扱われています。

まず、理容師は理容師法と呼ばれる法律でルールが定められていますが、美容師は美容師法という法律になります。
特に理容師法では、カミソリなどの刃物を使うことを認められています。
一方、美容師法ではカミソリなどの刃物を使うことは認められていません。

そのため、カミソリによる顔そりや髭そりは理容師しか行えない仕事になります。

また、美容師は容姿を美しくする仕事と美容師法で定義されており、理容師は容姿を整える仕事と定義されている点も違いの一つになります。

取得する資格によって目指せる就職先も理容室・美容室と異なるので、あらかじめ上記のような違いを理解した上で資格取得を目指すと良いでしょう。