医療・看護講座

医療・看護の習い事は、例えば医療事務です。一般企業の事務作業と大きく異なる点としては、診療内容に応じた会計処理を行う必要も出てくるところです。なので、資格を取得することで、どこの病院や医療施設へ就職しても通用することができるのでメリットとなります。男性、女性どちらでも気軽に始めることができるのは魅力的です。

医療・看護を学ぶ上でのポイント

医療講座・看護学校とは

医療講座とは医療事務や介護職員、介護福祉士など、医療において直接治療に関わるものではなく、患者や入所者の入院中や入所中におけるサポートをしていくための資格を取得できるものです。高齢社会に伴い、有資格者の需要が高い分野です。通学コースは3ヶ月、通信コースは4ヶ月ほどでプログラムが組まれています。受講が終了すると、各資格試験の受験資格が得られます。 看護学校とは、看護師を養成するために看護に関わることを学ぶ学校です。講義だけでなく、医療や看護実習や学内実習、学外実習などがあります。通常は3年間で必要単位数をクリアし、卒業資格が与えられると看護師国家試験を受験する資格が得られます。准看護師の資格所有者が看護師資格取得のために通うこともあり、その場合は2年間となります。2004年から通信制の看護学校ができました。これは准看護師として10年以上の経験を持つ人が、正看護師の資格を取るためのものです。

医療講座・看護学校のメリット

医療講座・看護学校のメリットは、看護や介護に関連する資格を取得することで、医療の仕事に携わることができます。介護福祉施設はどんどん増えていて、人手不足が問題になっています。需要がありますから、就職しやすい分野と言えます。看護師の場合では病院やクリニック、介護福祉施設や保育園での就職が可能となります。また、資格を活かして仕事をするのではなく、いずれ家族が病気をした時や介護が必要になったという時に学んだ知識と技術が家族のサポートのために活かせるということもあります。

医療講座・看護学校探しのポイント

医療講座では様々な講座の案内を見ることができます。まずは自分が学びたいジャンルの資格に絞り、講座の比較をすることが大切です。どのくらいの期間通うのか、費用は、資格試験に対する対策はあるのかなど、講座の内容にも注目するといいでしょう。通信の場合は資料を請求してみて、通学の場合と同じポイントを比較しながら自分に合うところを探します。 看護学校に関しては、通信制を設けている学校の中で気になるところのオープンキャンパスに行ってみる、看護の日になどに行われる出張イベントに直接足を運んでみるなどして、直接雰囲気を感じたり、これから学ぶにあたって気になっていることを質問してみるといいでしょう。通学期間はどこも一緒ですので、学費の他、国家試験対策はどうなのか、看護研究もできるのかどうかなど具体的な目的があれば、それに沿って探しましょう。就職したい病院などがすでに決まっている場合はその病院が実習を受け入れている学校ですと就職へのイメージが湧きやすいです。通信制は個別指導や学習相談などを設けているところがありますので、独学になりがちな部分をサポートしてくれるシステムがあるかどうかも大切なポイントです。

医療・看護学校の検索 / ケイコとマナブ.net