歯科衛生士になるには?

歯科衛生士の国家試験合格を目指そう

歯科衛生士になるには、国家資格「歯科衛生士」が必須。

歯科衛生士の勉強ができる教育機関に通わなければなりません。

文部科学大臣指定の歯科衛生士学校か、厚生労働大臣指定の
歯科衛生士養成所として認定されている専門学校・短大の学科を
受験するとよいでしょう。

専門学校も短大も3年制が基本。

大まかに、1年目は講義中心、2年目は基礎実習、
3年目は応用実習を行い、卒業すると歯科衛生士国家試験の
受験資格が得られます。

また、一部、4年制大学の歯科衛生士養成課程もあります。

圧倒的に女性が多い仕事ではあるものの、男性も増えています。

通信教育のみで歯科衛生士になれる?

歯科衛生士になるには3年以上学習し、国家資格を取得することが
必須です。

では通信教育で、歯科衛生士の国家資格を取得できるのか?

答えは、できません。

日本では、歯科衛生士国家試験の受験資格を得るための条件として
「文部科学省や厚生労働省が定める歯科衛生士養成機関で3年以上
修行すること」と定められています。

これは、医療に関わる職種として知識や技術を高めることを目的とした
取り決めです。

学校に通わない学び方では、試験を受けることができないというわけです。

ちなみに歯科衛生士専門学校の中には、夜間部を開講しているところも
あります。

夜間部も3年制ではありますが、働きながら通えることが大きな
メリットです。

興味がある方は、あなたの住む地域で探してみてください。

学校選びで注意すること

認定校であれば、国家試験の合格率や就職率は割と高めです。

だから、学校を選ぶ際には学習内容に注目しましょう。

歯科衛生士は技術職だから、現場での実習が即戦力のカギとなります。

実習期間の長さや実習環境が整っているかなどを見てみるとよいでしょう。

また、学校内の実習室の充実ぶりや練習環境などにも注目してみると、
将来に役立つ学校選びができるでしょう。

―歯科衛生士の国家試験について―

歯科衛生士の国家試験は毎年3月に実施されています。

試験では、歯科に関する知識のほか、人体の構造・機能についても出題
されます。

合格率については、日本歯科衛生士会によると毎年95%以上という統計
がありますので、学校で知識と技術を勉強すれば、ほぼ合格できる水準に
達することができるということになります。

受験者数 6,685名

合格者数 6,492名

合格率 97.1%

○第23回歯科衛生士国家試験の合格基準
配点を1問1点、合計219点満点年、132点以上を合格とする

総得点 132点以上/219点

また、歯科衛生士として5年以上の現場経験を積むと、ケアマネジャーの
受験資格を得ることができます。

ケアマネジャーは「介護支援専門員」ともいい、要介護認定を受けた
お年寄りに対してケアプランを作成することができる仕事です。

市町村の専門相談所とも連携を取りながら要介護者が自立して生活
できるようにサポートを行います。