歯科衛生士の仕事内容

歯科医師のアシスタントが仕事です

歯科衛生士の仕事内容は主に「歯科診療補助」「歯科予防処置」
「歯科保健指導」の3つに分けられます。

歯は食生活に直接影響を与える部位でもあり、身体の健康の基本です。

歯科衛生士は口腔内の環境を整えることで、医療に貢献できる仕事
でもあります。

例えば歯科診療補助では、歯科医師の指示のもとで医療行為の
サポートを行います。

歯の型を取ったり、レントゲン撮影補助や抜糸・オペの補助なども行います。

確かな知識のもとで、診療器具の準備や滅菌などを行うことで、
歯科医師が安心して診療に取り組めます。

歯科予防処置では、歯垢や歯石などの口の汚れの除去、虫歯予防
のためのフッ素塗布などがあります。

歯の汚れが歯垢にそして歯石になっていきますが、歯石になると
歯磨きでは除去できませんので、歯科衛生士が取り除きます。

これにより虫歯や歯周病を防ぐことができ、歯を失うというトラブルを
未然に防げます。

また、歯科保健指導で行うのは患者さんへの歯磨き指導です。

歯ブラシの持ち方や歯に当てる角度、動かし方、力の入れ方など、
毎日正しい磨き方で磨けるよう指導します。

歯科保健指導は、幼稚園や学校の歯科検診、介護施設などで
行うこともあります。

生活習慣を改善してもらうことで、患者さんの健康な歯を維持するのも
歯科衛生士の役割です。

歯科衛生士のやりがいは?

歯は、身体全体の健康を左右する重要な部位です。

歯科医院を訪れる患者さんが、自分の指導やアドバイスによって
歯や口の健康を取り戻し、笑顔になっていくことが歯科衛生士にとって
大きなやりがいとなります。

また、最近増えてきているのは、福祉分野でのニーズ。

高齢化が進むにしたがって食事改善のための口腔ケアのアドバイスに
加えて、歯磨きや口の中のマッサージなどを行い、口腔環境を整える
ことに歯科衛生士としての専門知識を活かすことができます。

この分野は今後もますますニーズが増えていくことでしょう。

患者さんから感謝され、「ありがとう!」と言われることが原動力に
なる仕事です。

歯科衛生士に求められる能力は?

狭い口腔内で正確な作業を行わなければなりませんので、手先が器用な
ことは大きな武器となります。

また、歯科医院には、子どもからお年寄りまで幅広い年代の人が訪れます。

だから、思いやりの気持ちと相手を安心させる笑顔が大切です。

あなたの周りにも歯の治療を好きではない人、多くありませんか。

不安な気持ちを抱えて来院されている患者さんも多いのです。

初対面の方はもちろん、リピーターの方まで「あなたの顔を見ると安心する」
と思ってもらえるように、相手を思いやる気持ちと暖かい笑顔が大切です。