歯科医院で働く歯科衛生士の一日(例)

  • 出勤~午前診療
    歯科医院は9時開院というところが多く、8:30頃出勤して白衣に着替え、
    院内の清掃を行います。

    歯科医院は医療機関のため、清潔な院内環境を保つことは
    最も基本的な仕事です。

    予約の患者さんのカルテなどを確認しながら、必要な機材の準備をします。

    歯科医院には歯科衛生士以外にも、歯科医師、歯科助手、受付事務が
    在籍していることが多く、1日の診療がスムーズに行えるよう、情報共有の
    ミーティングなどを行うこともあります。

    診療が始まったら、患者さんを笑顔で迎え、所定の位置にご案内します。

    口の中の状態を確認し、歯科医師の指示を仰ぎながら歯石の除去や
    歯磨き指導、フッ素塗布といった仕事を行います。

    また、歯科医師の横について、診療アシスタント業務を行うこともあります。

    歯科医師が診察・オペしやすいよう環境を整えるのが腕の見せ所です。
  • 昼休み~午後診療
    歯科医院によってマチマチですが、午前診療の患者さんが一段落すると1時間30分~2時間のお昼休み休憩を取ります。

    どの医院も一般的な企業と比べると長めです。

    午後の診療が始まる前に診療準備に入ります。

    午後は、学校帰りの子どもたちも多く、夕方になると会社帰りの患者さんの
    来院も多いのが特徴です。

    混み合う医院内をテキパキと迅速に運営し、患者さんの口腔内の変化も
    見逃さないよう細心の注意を払います。

    患者さんの不安を和らげられるよう、疲れていても笑顔と思いやりのある
    応対を心がけます。
  • 診療終了
    19:.00頃までに診療が終了します。

    患者さんが帰院されるとスタッフ全員で後片付けと清掃を行い、
    歯科衛生士としての一日が終了します。

パートタイム勤務の歯科衛生士の場合は、午前診療のみ、午後診療のみ
というケースもあります。

専門知識を持つからこそ、多様な働き方ができます。