柔道整復師の待遇・給料・年収について | ケイコとマナブ.net

柔道整復師の待遇・給料・年収について

柔道整復師には、病院や整骨院、介護施設など多くの働く場所がありますが、働き方によって待遇が変わってきます。
ここでは、柔道整復師の待遇や給料、年収についてご紹介します。

柔道整復師の月給・年収について

柔道整復師は、固定給制や歩合制などの給与制度が採用されやすいようです。
以下では、働き方によって異なる給料を見ていきましょう。

  • 【整骨院で正社員の場合】
    月給:20万~26万円程度
    年収:300万~600万円程度
  • 【整骨院でアルバイトの場合】
    時給:900円~

このほか、歩合制を採用している整骨院の場合の給料は、自分が担当できる患者の人数によって変動します。
そのため、患者の来院数が少ない個人整骨院などでは特に月毎の収入にバラツキが出やすいかもしれません。

柔道整復師と同業界の別職種の待遇について

柔道整復師と同業界の別職種に関しては、以下のような職種があります。

  • 柔道整復師と同業界の別職種の待遇について 例)
    ・はり師、きゅう師
    ・あん摩マッサージ指圧師

上記の職種は柔道整復師と同様、マッサージ分野に精通する国家資格です。

一方で、いわゆる整体と呼ばれるカイロプラクティック、リラクゼーション、足裏マッ
サージといった職業は国家資格ではありません。

そのため、柔道整復師などの国家資格を持つ人が足裏に対する施術などを行うことはできますが、資格を持たない人が行うのは法令違反となるため気を付けましょう。

柔道整復師の待遇(福利厚生)について

柔道整復師の福利厚生で特有のものは、奨学金返済手当を行っている職場があります。
さらに、職場によっては自社サービスに対する社割を提供している職場も存在します。

また、会社によって家賃補助やお祝い金制度、スキルアップ支援制度などを採用している場所もあり、働きやすい環境が配慮されています。

柔道整復師の休日や繁忙期、夏休みなど

正社員の場合、週休1~2日を採用している場所が多いようです。
長期休暇は年末年始や盆休みに設定している会社が多いですが、勤務する病院や整骨院、介護施設の方針によっても異なるでしょう。
また、柔道整復師の繁忙期は決まっていません。

柔道整復師と理学療法士の違い

柔道整復師と似ている職種に理学療法士があります。
最後に、柔道整復師と理学療法士の違いを正しく理解しておきましょう。

理学療法士は歩く、立つなどの基本動作が困難な患者に対してリハビリを行う仕事です。勤務する場所は医療施設や介護施設が多いため、柔道整復師と同じ勤務先に在籍しているといったケースも珍しくありません。

一方、柔道整復師は主に日常生活やスポーツでケガをした身体の一部を解剖学および整復法などに基づいて回復させる目的を持ちます。

患者のリハビリを担当して患者に笑顔を取り戻すという点では、理学療法士と柔道整復師に大きな違いはありませんが、用いる技法や根底にある目的が異なっていることを知っておきましょう。

ただし、柔道整復師が介護施設などへ勤務する場合は、機能訓練指導員と呼ばれ理学療法士と同様の仕事内容となるケースもあります。

それぞれ、専門家として仕事に就くまでに学ぶ知識や技術には大きな違いがあるため、自分が目指す方向性にあった職業を選択することがなにより重要といえます。

(監修者:柔道整復師 / 松岡裕右)