理学療法士の仕事内容とは | ケイコとマナブ.net

理学療法士の仕事内容とは

ケガや病気による負担をサポートし、リハビリテーションを行うのが理学療法士です。
医療施設や福祉施設には欠かせない存在として多くのニーズがありますが、仕事内容やキャリアプランにはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、理学療法士の仕事内容をご紹介します。

理学療法士の仕事内容について

理学療法士の主な仕事は、医療施設や福祉施設で行うリハビリテーションです。
理学療法士は運動療法や物理療法・徒手療法を取り入れて、日常生活で欠かせない以下のような基本動作のリハビリテーションを行います。

例)
・寝返り
・起き上がり
・座る
・立つ
・歩く

リハビリテーションというと日常の基本動作以外にも手先を使う手芸や工芸などのリハビリ風景を連想する人も多いかもしれませんが、このような応用的な部分は作業療法士が担い、理学療法士と作業療法士が連携して行います。
また、海外では英語でphysical therapist(フィジカルセラピスト)と呼ばれていることから、日本でも理学療法士をPTと呼ぶことが多いです。

理学療法士の魅力(やりがい)

理学療法士のやりがいは、患者さんの身体機能の回復や再び日常生活を安心して過ごせるサポートができたときに感じます。
以下では、具体的にどのようなシーンでやりがいを感じやすいのかまとめました。

例)
・実際に身体機能の回復が見られたとき
・患者さんに笑顔が戻ったとき
・日常生活に戻れたことに対する感謝を伝えられたとき

理学療法士のやりがいは、自分の行いが報われたと強く実感できる点です。
ケガや病気などでリハビリに対する意欲を喪失している患者さんへは身体面だけでなく心のサポートを行い、前向きな気持ちへと変化を促すことも時には必要です。

患者さんを思いやる気持ちがあっての職業だからこそ、感謝されたときの嬉しさも大きなものに感じられるでしょう。

理学療法士に求められること

理学療法士に求められる能力や性格には、以下のようなものがあります

例)

変化する現状を理解し、学び続ける向上心

理学療法士になって実際に仕事に就いたとき、医療施設や福祉施設で行うリハビリではそれまで学んできた知識や経験では対処できないケースもあります。
そのようなとき、ひとりひとりの患者さんに適切な対応を施すには常に進化し続ける向上心が必要だといえるでしょう。
自身に前例がないケースでも対処方法や応用方法を学び、実践で活かしていけるような向上心が求められます。

広い心と体力

理学療法士は、境遇も状態も異なる大勢の患者さんと向き合う職業です。そのため、担当する患者さんを平等に受け入れられるような広い心を持つことが重要です。
また、リハビリでは子どもから大人まで体格や性格が異なる多くの患者さんをサポートする必要があります。患者さんが安心してリハビリを行えるように、しっかり支えられるだけの体力や精神力が求められます。

コミュニケーション能力

リハビリでは、ケガや障害により精神的に不安定になってしまう患者さんも多いようです。
患者さんが抱える悩みやストレスを理解し、ともに克服していけるようなコミュニケーション能力も必要になります。
また、理学療法士は患者さんとリハビリをすすめる上で、知識や技術だけでなく自分の言動が相手に与える印象を理解し、共感できる心を養うことが大切です。

理学療法士の一日の流れ

ここでは、理学療法士の病院勤務での一日の流れの一例をご紹介します。

出勤

準備やミーティング:物理療法や水治療法で用いる機械の準備を行い、1日の流れを把握します。

午前のリハビリ: リハビリテーションルームで、関節可動域訓練や歩行訓練などの機能訓練や日常生活を想定したリハビリを行います。

お昼休憩:1時間ほどの休憩時間がありますが、医師や看護師・ソーシャルワーカーとのカンファレンス(ミーティング)が入る場合もあります。

午後のリハビリ:身体状況的にベッドから下りることが困難な患者さんを対象に、ベッドサイドでリハビリを行います。

カンファレンス、勉強会:医師へリハビリ状況や目標を伝えて情報を共有することが目的です。勉強会では実技や相談を交えて、提供するリハビリの質を高めていきます。
また、科内で症例検討会を行うこともあります。

退勤

理学療法士を通じて身につくスキル

理学療法士を通じて身につくスキルは、患者さんと接することや他職種との連携で培われていくものが多いようです。
以下では理学療法士を通じて身につくスキルの一部をご紹介します。

例)

他職種と連携できる協調性

リハビリは理学療法士だけで成立する仕事ではありません。
日常生活の基本動作以外にも、手芸や工作などの応用動作では作業療法士が担当し、話す、聞く、食べるなどの発声や嚥下にかかわるものは言語聴覚士が担当します。
このように、ひとつの施設内で複数のリハビリテーション専門家が連携を行うため、仕事を通じて協調性が養われやすいでしょう。

医学やスポーツ医学などの幅広い知識

他職種とチームワークを図ることで、理学療法学以外の知識を学ぶことができます。
リハビリに関連する知識だけでなく、医療施設なら医師を通じて医学についても深く学ぶことができます。
また、スポーツチームのトレーナーを担当する場合は、スポーツ医学を深く学ぶことも可能です。

相手を思いやるコミュニケーション能力

働くうえで患者さんと長い時間を過ごすため、相手を思いやることができるコミュニケーション能力が身に付きます。相手が考えていることや感じていることを素早く察知して自分の行動に反映させることで、安心感や信頼感を抱きやすい人間性への変化を期待できるようになります。


理学療法士は高い専門知識や技術と併せて、人と接することを根底におかなければいけない職業です。
他職種の専門家や患者さん、そのご家族との時間を共有していくなかで得られるものは、学校の勉強では手にすることができないものだといえるかもしれません。

理学療法士の将来について(キャリアプラン)

4人に1人が65歳以上の高齢者と呼ばれる現在は、老人ホームをはじめとした福祉施設で理学療法士のニーズが高まっています。

今後は地域の高齢者をサポートする地域包括支援センターの増加に合わせて理学療法士へもさらなる需要が予想され、働く場所やスタイルはより幅広いものになっていくといえるかもしれません。

理学療法士として経験を積んでいくと、自分の理想に合った職場への転職や、スポーツ分野で経験を活かしていくことも可能です。

スポーツ分野では、ケガや病気による身体機能の回復はもちろん、スポーツ選手に起こりうるケガや病気を未然に防ぐようなサポートやパフォーマンス向上につながるトレーニングも行います。
働く場所はスポーツ選手のトレーナーやプロスポーツチーム、フィットネスクラブなど幅広いため、理想の働き方を追求していきやすいといえるでしょう。

また、経験や実績によっては、講演会やセミナーを開催する理学療法士も多く存在します。次世代の理学療法士たちに現場の声を届け、自身の経験を理学療法士業界に刻んでいくこともできるかもしれません。

理学療法士とチームとなって働く他職種の主な仕事

理学療法士とチームとなり、一緒に働く他職種の仕事としては、以下のようなものが存在します。

  • 作業療法士
    日常生活を送る上で必要な応用動作と社会適応をサポートするリハビリの専門家
  • 言語聴覚士
    話す、聞く、食べるなどの発声や嚥下が不自由な方へ対するリハビリを行う専門家

これらの職種は、理学療法士同様に国家資格を必要とするリハビリの専門家です。
それぞれ、国家資格を取るための国家試験に合格することで専門家として働くことができます。

(監修者:理学療法士 / 井上直樹)