理学療法士の待遇・給料・年収について | ケイコとマナブ.net

理学療法士の待遇・給料・年収について

理学療法士として就職活動をする前に、働き方に応じた待遇や給料、年収などについてご紹介します。

理学療法士の月給・年収について

厚生労働省が2017年に発表した賃金構造基本統計調査によると、理学療法士の平均月給は約28万円という結果が出ています。
また、年間賞与は約70万円が平均だと言われているため、年収に置きなおすと約400万円程度になります。

また、職場によっては非常勤雇用として理学療法士の採用を行っているところもあります。
職場によっては、時給1100~1900円でアルバイトの募集をしている職場もあります。

理学療法士と同業界の別職種の待遇について

理学療法士と同業界の別職種に関しては、以下のような職種があります。

  • 例)
    ・作業療法士
    ・言語聴覚士

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は同じリハビリテーション職種としてチームとなり働きます。同じリハビリの専門家として、待遇に違いは基本的にありません。

作業療法士や言語聴覚士の平均年収は、理学療法士と差異は少ないと言われています。

理学療法士の待遇(福利厚生)について

特に理学療法士ならではの福利厚生や待遇というのは少なく、働く職場によって待遇や福利厚生もさまざまなものが存在するようです

例えば、子育て・産後復帰支援や保育室の完備などをしている職場があります。また、職場によっては早朝手当や夜間手当、事務当直を用意している職場もあります。

理学療法士の休日や繁忙期、夏休みなど

正社員の場合、週休2日制(年間休日108日)を採用している施設が多いですが、病院やクリニック、介護施設など働く場所によって多少の違いがあります。
公休(有給など)以外の休暇としては、勤続年数に応じたリフレッシュ休暇や7日間の長期休暇を規定している施設もあるようです。

また、理学療法士の場合、繁忙期と言われている時期は存在しません。

理学療法士業界にある福利厚生

理学療法士は日々変化する医学や理学療法学に基づいて、向上心を持って知識や技術を学んでいく必要があります。

このような専門職では事業者や企業による研修制度、教育制度が整えられているのはもちろん、各種セミナーへ参加する場合は助成金を支給する会社もあります。

また、独自に一般市民向けの健康増進セミナーなどを開催している施設もあり、スキルアップやキャリアアップのための環境は勤務先によって異なるといえるでしょう。

高齢化が進み、理学療法士のニーズ(需要)は高まる

歳を重ねるごとに日常生活動作に支障をきたす場合などは、理学療法士がひとりひとりの患者さんとリハビリを続けていく必要があります。

高齢化が進み、在宅医療や地域包括ケアシステムが注目されており、今後も理学療法士のニーズはさらに高まることが予想されています。

このようなことから、理学療法士の働く場所は福祉施設や医療施設に限らず、地域での活躍が期待されています。産休や育休などで職を離れた場合でも高いニーズによって職場復帰しやすく、長く安定したキャリアプランを立てていくことができます。

(監修者:理学療法士 / 井上直樹)