件が資料請求リストにあります

作業療法士講座の体験談

総合評価
4.0(合計12件)

年齢: -  |  受講した場所: 静岡県

5.0

受講したきっかけ

実母が事故で後天的な障害を負った時に、リハビリを担当してくれた作業療法士の仕事に興味が湧き、資格を取得しようと思いました。

受講してよかったこと

作業療法学科に通学したのですが、クラス全員が同じ作業療法士を目指す同志なので、助け合いながら勉強することが出来ました。実習やテストなど困難な課題も多くありましたが、同志が常にそばにいるので自分を奮い立たせることができ、最後までやりきることが出来ました。

受講した効果

医学的な基礎知識が付いたので、未知の病気や怪我に対する思い込みや偏見がなくなりました。またそれらに対する正しい知識を伝えなければならないという使命感も生まれました。

年齢: 37才  |  受講した場所: 静岡県

5.0

受講したきっかけ

実母が事故で後天的な障害を負った時に、リハビリを担当してくれた作業療法士の仕事に興味が湧き、資格を取得しようと思いました。

受講してよかったこと

作業療法学科に通学したのですが、クラス全員が同じ作業療法士を目指す同志なので、助け合いながら勉強することが出来ました。実習やテストなど困難な課題も多くありましたが、同志が常にそばにいるので自分を奮い立たせることができ、最後までやりきることが出来ました。

受講した効果

医学的な基礎知識が付いたので、未知の病気や怪我に対する思い込みや偏見がなくなりました。またそれらに対する正しい知識を伝えなければならないという使命感も生まれました。

年齢: 28才  |  受講した場所: 北海道

4.0

受講したきっかけ

大学受験期にどの学科を志望しようか考えた際、医療系が良いと感じ複数の医療職種に関して調べました。夜勤などもなく患者さんと密に関わることができるリハビリに関する職業に興味を持ち、中でも日常生活に密着できるという点で作業療法士の資格を取得しとうと思いました。

受講してよかったこと

私は脳血管障害の急性期と小児の発達障害を主に対象として現在仕事をしています。脳血管障害では全身状態が不安な状態の患者様が治療していく中で日々変化して快方に向かっていく様子を日々目の当たりにしており非常にやりがいを感じています。小児に関しては運動や知的面の問題をいかに学校生活や自宅での生活の中で周囲の人たちの支援を得ながら関わっていくべきか長い将来を考えていく必要もあり日々考えさせらることが多く作業療法士をやってみて良かったと感じています。

受講した効果

資格をとるための勉強だけでは不十分な部分がほとんどで臨床での経験が非常に大事な仕事であると感じています。人それぞれ違うと同様に患者様の状態も人それぞれ違います。同じ疾患でも治療手段を患者様の状態に応じて変更する必要がありますし、患者様からどのように自身の体を認識しているかなど教わる部分も多くあります。

年齢: 35才  |  受講した場所: 兵庫県

4.0

受講したきっかけ

精神疾患の方を対象とした仕事に就こうと思って調べたところ作業療法士の資格を知ったため。また、ドラマを見て素敵だと思った職業が後に作業療法士だとわかったので、やっぱり自分のなりたい職業だと感じた。

受講してよかったこと

対象者の方とのかかわりの中で、自分の得るものが多く、自分自身の成長にもつながると感じられる。

受講した効果

対象者の生活上の困難を解決できることで、自分自身も達成感を実感できる。職を離れていても、自分が関わっていた患者さんたちと同じ問題を抱えている人たちを見ると、自分に何ができるか、と考えてしまう。

年齢: 26才  |  受講した場所: 埼玉県

3.0

受講したきっかけ

大学在学中に資格過程の授業を受けていた時、作業療法士の仕事を知りました。実際に大学には作業療法士として勤めている方がいたのですが、その人に話を聞いたところ、心理学関係で自分がやりたいことと類似しているなと思い、受講しようと思いました。

受講してよかったこと

実習として実際に現場に立った時に、世の中には本当に苦しんでいる人がこんなにいるのだなと知りました。正直それまで自分がいかに無知だったかを痛感しました。拙いながらも障害者の方たちと一緒にプログラムをこなしましたが、お礼を言われた時は本当に嬉しくなりました。こんな自分でも誰かの役に立てるのだということが、身をもって体験できたからです。

受講した効果

知識も技量もほとんど持ち合わせていない中での挑戦となりましたが、心理学を学びたいという思いからこの職種に出会え、さらには実際に障害者の方たちと触れ合えたことが自分の大きな財産になりました。身に着けた知識や体験等は、実際にそういった方と接する機会がないと中々実践できませんが、それでもこういった時にこうする、という対処法を身に着けることができて、日常生活でも自分を守る1つの道具となったと思っています。

年齢: 34才  |  受講した場所: 神奈川県

4.0

受講したきっかけ

私は大学まで運動部に所属していましたが、あるケガが原因で続ける事が出来なくなりました。部を退部した事に因って学部の変更も余儀なくされ、私と同じ様なケガをした方のサポートが少しでも出来ればと思い、作業療法学科に学部変更した事がきっかけです。

受講してよかったこと

最初は、自分がなぜケガをしたのか、どうすれば防げたのかなど自分の体を例に挙げ、資格取得に向け勉強をしていました。勉強するに連れて、選手時代とは違った見方で体の構造や仕組みを学ぶ事が出来ました。

受講した効果

教本を読み、実習先で他の患者さんのリハビリをお手伝いしていくうちに、選手時代に自分がどれだけ無茶なトレーニングや負担の掛かる体の使い方をしていたのかを学びました。私の場合ケガが原因でこの職業を目指しましたが、実習先では私の様なケガをした方だけではなく、脳梗塞などで運動機能が低下したした方のリハビリを担当する事もあり、この分野の仕事の視野が広がった様に感じました。

年齢: 32才  |  受講した場所: 福島県

4.0

受講したきっかけ

元々介護の仕事をしていて作業療法士の仕事を知りました。同僚として働く作業療法士の仕事を見て患者さんと1対1で関わりたいと思い資格を取ろうと思いました。

受講してよかったこと

手のリハビリをする機会が多いのですが患者さんが今までできなかった事ができるようになった時は自分の事のように嬉しいと感じます。

受講した効果

やってみて効果があったと感じた事は仕事へのやりがいを感じれるようになった事と自分で職場を選べる点です。求人が安定しており仕事に困る事はなくなりました。

年齢: 36才  |  受講した場所: 鳥取県

4.0

受講したきっかけ

作業療法士の資格を取得しようと思ったのは私がこの分野の資格は取っておいた方が良いと思ったからでした。また作業療法士の仕事は時代のニーズもあって仕事がなくなる事がないと思ったというのも大きいです。またこの仕事なら人から感謝される仕事だと思ったのも大きいです。

受講してよかったこと

やってみて良かったのは作業療法士の仕事にいつでも就けるようになったというのがあります。なぜなら、作業療法士の求人は都心部も地方も関係なしに求人があるのが良いと思ったというのがあります。

受講した効果

やってみて効果があったと感じたのは作業療法士の資格が持っているという事を言うと知っている人が多くて相応の反応があるのが良いと思いました。それだけ認知度があるおかげで仕事が見つかりやすくなるという効果がありました。

年齢: 26才  |  受講した場所: 大阪府

4.0

受講したきっかけ

不景気・就職氷河期の現代で就職するにあたり、何か資格が必要だと感じました。また10年後も需要がある仕事を探す中で作業療法士を見つけたため、決めました。

受講してよかったこと

机上の勉強は難しいですが、いろんな人と関わる機会が多いです。人と関わること自体が好きなので、仕事により楽しみを見つけることが出来ました。

受講した効果

生活に介入する仕事のため、相手のライフスタイルを知ることが必要です。医療知識に加えて対人スキルも鍛えられると感じています。

年齢: 29才  |  受講した場所: 栃木県

4.0

受講したきっかけ

作業を介してアプローチするのが作業療法士の特徴です。人の生活はすべて作業が積み重なって成り立っています。それぞれの生活、価値観によって大切にしている作業は異なりますが、その方にとっての重要な作業を再獲得・適応できるようなお手伝いができればと思い、資格をとろうと思いました。

受講してよかったこと

様々な生活スタイル・歴史を持った方々と触れるなかで、自分自身の世界観や視野が広がりました。どうすればできるようになるのか、何が難しいのかなどを細かく分析していく工程は、現在の子育てにも共通するところがあり、毎日が発見で楽しいです。

受講した効果

必須授業科目の選択や長期実習、国家試験など、資格取得に際しては多くの課題があり、大変な時期もありました。同じ夢に向かって頑張る同級生や、職場の同期・先輩・後輩の存在は大きく、私の原動力になっています。なによりも、臨床の場でお会いする患者様・利用者の方々にも教わることは多く、日々勉強です。たくさんの方々と出会い、一緒に悩み、少しずつ進んでいけることが、とても重要で価値のあることだと感じています。

年齢: 21才  |  受講した場所: 愛知県

3.0

受講したきっかけ

作業療法士は理学療法士に比べると患者の心に対するアプローチが多いのが特徴です。病に侵され心を病み、無気力になった患者を奮い立たせるのが作業療法士の役目だと考えています。私はそのように病んでいる人を応援したいと考え作業療法士を志しました。

受講してよかったこと

人の心について考えることが多い仕事であるため、自分自身のコミュニケーションが大きく上がったと思います。また作業療法士は身体機能や高次脳機能、病気についても学ぶ必要があるため、日常でも使える知識が増えたのが個人的に嬉しいです。

受講した効果

作業療法士にも実習はありますが、それがものすごく大変です。しかし同期や自分自身も実習で大きく成長していると感じています。私は入学当初はコミュ障でしたが、実習を通じて成長することで友人が増えました。辛いこともありますが、作業療法士の教育課程は確実に人を成長させるものだと思います。

年齢: 26才  |  受講した場所: 大阪府

4.0

受講したきっかけ

今の不景気・就職難の情勢の中で一生生き抜いていくうえで必要なものは日本全国どこでも働くことが出来る資格と考えました。その時病院や施設といった医療機関はどこにでもあり、セラピストの資格を持っていれば就職に困らず、再就職も容易と考えたことがきっかけで資格を取得しました。

受講してよかったこと

将来につながる勉強とそれを生かして人生の選択肢の幅を広げることが出来ました。

受講した効果

専門学校では初めは机上の勉強でしたが学年が上がるにつれて実技や研修もありました。特に研修は実際に医療機関に一人で行って数週間から数か月続くこともあったため辛かったです。しかしそのつらい経験があったからこそ、今の十分な実力と精神力に結びついていると感じています